天気予報を見ていると時々聞く言葉で「エルニーニョ現象」というのがありますよね?みなさんは中学生の頃の理科などで勉強したと思います。

ただ、正直覚えていないし今更勉強しようとも思いませんよね(笑)
そんな皆さんのために簡単に私が解説を加えながら「エルニーニョ現象が日本にどういう影響を与えるのか?」を説明いたします。

エルニーニョ現象の実態

26-9

最初にエルニーニョ現象について復習しておきましょう!

この現象は南アメリカのペルー沖で発生する現象です。では一体何が起きているのか?そこを理解しないといけませんよね。
26-7

太平洋では赤道あたりで海水が暖められているのですが、東から西に吹いている貿易風で押し流されて、太平洋の西側つまり日本の近くでの海水温は高い状態にまっているのが平年の状態です。

26-8

しかしこの貿易風が何らかの影響によって弱くなってしまう時があります。
よってこの暖水が風に押し戻されず、広い地域で海水温が高くなってしまう現象がエルニーニョ現象と言われています。

日本にはどんな影響が?

先ほどの図で注目してもらいたいのが、雲の位置です。海面水温が高い地域では、大気も暖たためられるので上昇気流が発生し、積乱雲などの雲ができやすきなります。

そのためエルニーニョ現象が発生すると、日本全体が暖かく湿った空気で覆われ、各地で降水量が多くなり大雨が降りやすくなります。

日本の四季が無くなる?!


もう一つの特徴としては日照時間が減り、冷夏に。そして冬は暖冬なるということです。

過ごしやすくていいんじゃないの?と思うかも知れませんが、会社にとってはそんなこともないようです。

冷夏のデメリットとしては

  • ビールやジュースが売れない
  • エアコンや扇風機などの電化製品が売れない
  • 農作物が不作になり、価格が高騰する

暖冬のデメリットも先ほどの冬バージョンのような感じですが

  • 桜の開花が早まる
  • 花粉が飛びやすくなる

などあまり良いことがありませんよね。このエルニーニョ現象は日本だけでなく世界全体に迷惑をかけているので、世界の経済が不況になるなんてこともあるかもしれません…!

ラニーニャ現象とは

これも少しだけ聞いたことがあるのではないでしょうか?
エルニーニョ現象と同じ時に勉強したとと思います。ではこの現象はどういうものなのでしょうか?知っている人はいますか?

070423_03

 

ラニーニャ現象は先ほど説明したエルニーニョ現象とほぼ同じなのですが、意味は真逆で、貿易風が通常より強くなって、海水温の高い場所がより狭くなってしまう現象です。

ということは日本への影響も全く逆になります。
特徴としては日本全体が乾燥した大気に覆われ、梅雨が短く猛暑になる傾向があります。また冬は寒冬となり過ごしにくい一年となるのです。

知ってるだけで大違い

今回紹介したエルニーニョ現象とラニーニャ現象について、なぜ発生するのか?それが日本にどう影響するのか?ということを知ってるだけでも、話のネタになりますよね!

このような天気の豆知識はこれ以外にも多くあります。偏西風なども聞いたことはあるけど説明はできないという人が大半だと思います。この記事を期に勉強してみてはいかがでしょう?