琉球大学が長崎県松浦市で元寇の調査を行った結果、木造船の一部が見つかったというニュース。元寇の船の発見は2隻目になるそうで、歴史的発見となりました。

長崎県の伊万里湾で続けられている鎌倉時代の「元寇の船」の調査で、2隻目となる船が確認されました。1隻目よりも保存状態が良いということです。

 長崎県松浦市の鷹島沖では先月、琉球大学の池田栄史教授のグループが「元寇の船」の調査を行いました。調査は10年前から続けられていて、去年、木造の船の一部が見つかった場所で、今回、海底の泥を掘り進めました。

 その結果、姿を現した船首部分。船の特徴や出土した陶磁器などから元寇の船であることが確認されました。元寇の船の発見は今回で2隻目です。

 「1隻目は魚でいうと“開き”の状態。今度は船体の下部構造がしっかりと残っている」(琉球大学・池田栄史教授)

 今後は、見つかった船の保存方法などについて検討が進められます。(02日11:44)TBS

動画

このニュースを見た外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

ついに見つけたはならないものを見つけてしまったか!!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

これはかなりニッグなニュースだよね?そうだよね?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

そしてそこにお宝はあったのか?!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

この歴史を学んだことがあるぞ!!カミカゼで大量の元の船を撃退したっていう元寇の話だろ

元寇(げんこう)とは、日本の鎌倉時代中期に、当時大陸を支配していたモンゴル帝国(大元ウルス)およびその属国である高麗王国によって2度にわたり行われた対日本侵攻の呼称である。
Mōko_Shūrai_Ekotoba (1)
1度目を文永の役(ぶんえいのえき・1274年)、2度目を弘安の役(こうあんのえき・1281年)という。蒙古襲来とも。
特に2度目の弘安の役において日本へ派遣された艦隊は、元寇以前では世界史上最大規模の艦隊であった。主に九州北部が戦場となった。via:wikipedia

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

当時のモンゴル人強大すぎるだろ、どうなってるんだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

あの当時、神風は確実に吹いていた。我々外国人はそう確信しているよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

カミカゼというルーツはここにあるんだよな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

今日カミカゼが台風と訳すことができると学びました。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

我らのマルコポーロ先生でこの話は知ってるわ。今最高に賢い気分なんだがww

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

もし、あの時元寇が台風で壊滅していなかったら、今頃日本の歴史はどう変わっていたんだろうか?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

今頃寿司と一緒にモンゴルの牛肉を注文することができるんじゃないww

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

元寇の時は4000隻以上があったんだろ、なぜ非常に少ない発見しかないんだ?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

何百年も驚くべき長い間、その残骸が海底に沈んでいたの考えると凄いな‥そしてそれが再発見されているという事実。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ドクロとか骨も一緒に懴悔に埋もれたりしていたのかな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

もしかして生き残りもいたのか・・・?!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑そんなことあるわけ無いだろ・・・ないよな?