通勤通学や旅をする時、移動手段として色々な乗り物がありますよね。
飛行機や電車を始め、車・バイク・自転車など皆さんの都合に合わせて選択肢は様々だと思うのですが、最も利用頻度が高いと思われるのが電車。

日本は特にその技術が発展していて、47都道府県の全てに駅がある。つまり電車で北海道から沖縄までいけてしまうんですね!

今回はそんな日本の電車にまつわる色々な事実についてまとめたいと思います。

日本の電車に対する印象

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PAK86_ryokouhe15093120-thumb-1000xauto-12509

外国人は日本に旅行に来た際、移動手段として電車を利用すると驚いた事がたくさんあるようです。それは私達が当たり前だと思っていることが殆どでした!

冷暖房が完備されていて、快適に乗ることができた

コレは極端な例だと思いますが、発展途上国から日本に訪れた人は確かに驚くかもしれませんね。よく考えてみればただの「移動」にここまで「快適さ」を求めるのは日本人ならではの考え方なのでしょうか?

train_travel_jakarta_06

インドなどの電車でラッシュ時になると電車からはみ出てる状態で走行しているシーンをよく見ますが、あれは「移動できればいい」という国民性の違いだと思います。
一体乗車率は何%なんですかね…(笑)

時間通りに電車が来る

これは言わずと知れた日本の電車の特徴ですよね!何かしらの事情がない限り1分も狂わずダイヤ通りに電車が来ます。私自身も東京に訪れた際、2分おきに電車が来た時には感動しました!

海外では国によってバラバラですが、30分〜1時間遅れは当たり前。時刻表なんて無い国もあるほどです。日本人の真面目さが生み出した素晴らしい「技術」とも言えますね!

地下鉄が多すぎる

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-05-PAK63_koukyomawarinoensen20131026500-thumb-1000xauto-4736

最後に東京・大阪などの地下鉄に対する意見も多かったので紹介します。

とにかく路線図を見て一言「Oh…」となるのも無理はありません。日本人でさえ知らなければ乗りこなすことはできないと思われる程の複雑な路線図…。

確かに路線と駅が多ければ、便利です。細かく移動できるので非常に助かるのでありがたいことなんですが、ちょっと難しいかな?と感じる外国人が多いみたいです。

世界に誇る新幹線技術

最近では北陸新幹線が開業し、話題になった日本の新幹線。この技術が世界でもトップクラスの素晴らしい技術だという事は皆さんも知っているはずです。

では何がどのように凄いのか?意外な事実をいくつか紹介します。

世界に輸出

Taiwan-HighSpeedRail-700T-testrun-2006-0624

日本の技術で作られた新幹線の車両を海外に輸出している事を知っていましたか?現在では台湾やイギリスにも輸出しています。

世界各国で新幹線を導入する際に、どの国の車両を採用するかは大きな問題となります。日本の技術が優れているからとは言え、他国もライバルとして様々な技術を持っています。

ただ日本は他の国にはない特別な武器があります。それが「地震対策」です。地震が多い国だからこそ分かる事がある。マイナス面を上手く利用した大きな武器ですね!
過去にそれが「新幹線」受注に結びついた例もあるそうです。

日本でも真似できない海外の技術

Hanshin_Ogi_stn

日本の車両が海外に輸出されていることは分かりましたが、特別日本だけが素晴らしい技術を持っているというわけではありません。

その証拠として日本が輸出しているのは「車両」がほとんどで、逆に言うと無線や線路などの技術はフランスの技術が採用されていることが多いのです。

さらに日本の車両は技術の結晶。つまり価格が高いことも大きな問題です。いくら優れてるとは言っても導入に予算がかかるのは少し考えますよね?
そこで日本は車両のみならずその他の技術もセットにして新幹線のシステムをまるごと輸出仕様という計画もあるそうです。


メイド・イン・ジャパンは世界に誇る技術ですが、どれをとっても素晴らしいというわけでもないみたいです。ただ日本人である私達は誇りを持って日本の電車・新幹線技術を世界に自慢したくなります。

これから電車に乗った時は「当たり前」だと思っていることを改めて考えてみてください。人のことを考える親切な設計に触れた時、日本の「お・も・て・な・し」の気持ちを思い出してくださいね!