リーダーシップはどうあるべきか。このような類のテーマは現代の社会人が気になってしまう永遠のテーマではないでしょうか?

あなたの上司や学校の先輩などもそうですよね。誰にでも自分の中の「リーダー」という人がいるはずです。

過去にもリーダーシップをテーマにしたTEDトークを紹介しました。
言葉ではなく行動で従わせる。本当のリーダーシップとは?

プレゼンターのデレク・シヴァーズはなんとこのプレゼンを約3分でまとめているのです。実際にとても分かりやすくまとまられていました。

優秀なリーダーとは?

スクリーンショット 2015-05-15 22.05.28

今回のTEDトークは、優秀なリーダーはどのようにして大きな運動を起こしているのか?という視点での話です。

ここで言う大きな運動は、何にでも捉えられるのですが「起業・新事業・イベント」など人が関わる新しい何かを言っているのだと思います。

スクリーンショット 2015-05-15 22.04.31

プレゼン中は1つの動画が再生されています。まず映しだされたのは人前で半裸になり、踊っている男性です。仮にこの人をリーダーとしましょう。
(周りの人は明らかに不審者だと思い込んでいそうですね…。)

しかし彼のこの行動はリーダーとして正しく、勇気を持って立ち上がり嘲笑される必要があると言います。

フォロワーの存在。そして重要さ。

スクリーンショット 2015-05-15 22.05.12

 

しばらくすると1人の男性も加わり、一緒に踊り出します。その男性をフォロワーとしましょう。会社で言うと「副社長」でしょうか(笑)

この人の行動は後に重要な役割を果たします。それは…

彼らの運動にどうやって参加すればいいのか?

ということを周りに提示しているのです。そして最初のリーダーは彼を対等に扱い、この時点でリーダーは2人になりました。

実はこれが「リーダーシップ」なんです。

1人で踊るだけのバカを1人のフォロワーが少し勇気を出して目立つだけで、1人のバカを立派なリーダー(創始者)へと変えてしまうのです!

後は流れに身を任せるだけ

スクリーンショット 2015-05-15 22.20.28

 

1人のフォロワーがこの運動への入り方を提示してくれたので、次のフォロワーはそれを真似するだけ。この場合は意味もなく踊ればいいということですね。

3人…5人とこの集団は増え続けます。デレク・シヴァーズは3人になった時点でこの集団は公のものとなり、周りから認められ始めると言います。

スクリーンショット 2015-05-15 22.25.34

一度増えてしまえば、続々と人が集まります。もはや参加しないほうが恥ずかしいと思ってしまうような状態にさせてしまうのです!

これが運動の起こし方なんです。

結論:大切なのは、あなたのフォロワーである。

この3分の短い動画から分かることがあります。

  • 1人踊るタイプの人は最初の何人かのフォロワーを対等に扱うこと
  • リーダーシップが過大評価されているということ

最初に立ち上がったリーダーの男性も素晴らしいです。しかし、1人のバカをリーダーに変えたのは最初のフォロワーでした。全員がリーダーになるのは効果的ではないと言います。

あくまでも運動に大切なのはフォロワーの存在です。

もしあなたがスゴイことをしている孤独なバカを見つけた時は、ついて行く勇気を持ち、他の人達にも参加する方法を示す最初の人間となる勇気を持ってください!