ギリシャのアトス山でタイムラプス撮影という特殊な技法で撮影された天体写真が宇宙の星空を鮮明に映し出していて綺麗だと話題に。

タイムラプス写真とは静止画をつないで、まるで動画のように見せるもので、より鮮明な撮影が可能となっている。

実際に撮影していたKonstantinos Emmanouilidisコンスタンティノスさんは、アトス山をハイキングしながら14時間かけて写真の数々をフィルムに収めました。

彼はフィルムを通して、宇宙というものがいかに大きいか、そしてどれほど美しいかということをレンズを通して私たちに伝えています。

宇宙の壮大さがわかる写真の数々

ギリシャのディミトラ神殿から撮影された天の川の美しいキャプチャ
28C5429400000578-0-image-a-22_1431858020091

アテネのギリシャの神ポセイドンが祭られているギリシャ神殿と重なり合わさる月
28C5416800000578-0-image-a-20_1431858005620

銀河を丸ごと撮影することに成功。まるでSF映画のような世界
28C541E400000578-0-image-a-24_1431858024608

タイムラプス独特の撮影技術。月の経過を一定時間ごとに撮影し、合わせたもの。
28C542DC00000578-0-image-a-26_1431858028214

縦や横に線が見えるのは、小さな衛生の軌道をとらえたもの
28C5435D00000578-0-image-a-19_1431856814386

古代の破壊された神殿では青いライトアップと共に撮影された天空。
28C542FD00000578-0-image-a-28_1431858052060

アトス山にまるで神の怒りに触れて天災が起きているような信じがたいCGのような雷の写真。
28C5437C00000578-0-image-a-30_1431858055039

深紅にライトアップされた神殿から見上げたように撮影した天空の写真!
28C5436C00000578-0-image-a-33_1431858058618

観光でアトス山に行ってみたい!

アトス山(ギリシア語でΌρος Άθως / Oros Athos)はギリシャ北東のエーゲ海にあるアトス半島の先端にそびえる標高2033mの山で、周辺の修道士たちの修道院と同じく世界遺産に登録されています。
800px-Ágios_Nikólaos,IMG2_0213-B
ギリシャ本土とつながっているが、ウラノポリという街から船か徒歩で行ける。また、厳格な修験場であるので、1406年以降は女性が入ることは禁止されている。
また、アトス山に入る際に入国許可書を提示しなければならず、一日の入山はなんと8人のみとなっている。
本当に行ってみたいという人は海外旅行の際に足を伸ばしてみてはいかがでしょうか!
引用:dailymail