海外の名無しさんを翻訳しました

1860年頃、幕末の日本人の弓使いの写真な
UlimMH8
以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

真ん中の日本人は「ゆがけ」を使ってるようにみえるね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

弓がでかすぎてめちゃくちゃ非効率に見えるのはオレだけなのか?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

オレはいつも弓をうちたかったんだよね
別に弓道が好きとか、弓がカッコイイからとかそういう理由ではないんだけどね
古い弓には興味があるんだよね。その独特の作りと長さとかね
どうやってうつのか非常に興味が有るわ

決して欲しいなんて思わないけどw

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

こういう弓って一体どれくらいの重さがあるんだろうか?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑オレも興味があったからネットで調べたんだけど
おそらく40ポンドから80ポンドくらいの重さがあるらしいんだ

でもそれは定かではないんだよな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

確かに長いんだけれども、ロングボウほどの質量はないんだよな?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

これは1860年代だったらかなりの時間静止していなくちゃならなかったんだろ…?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

オレが持ってる弓なんて23kg 50ポンドくらいあるんだぜ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本とヨーロッパでの弓の使い方、特に親指の使い方は極めて違うんだよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑弓道は親指にリングを使うのは極めて似ているよね
でも親指を守るグローブを付けることによって5分に2回くらいしか弓を射てないんだよな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

もしオレが弓使いなら確実に弓道の道に入っていたと思うわ

via:https://goo.gl/U7jTo7