海外の名無しさんを翻訳しました

日本の最高裁が、1945年に起こった広島と長崎の原爆の海外生存者の医療費を日本政府が負担することを定めた

海外に住む被爆者に、被爆者援護法の医療費全額支給規定が適用されるかが争われた訴訟の上告審判決で最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は8日、「在外被爆者が日本国外で医療を受けた場合にも規定は適用される」として、全額支給すべきだとする初判断を示した。その上で、大阪府の不支給処分を取り消した2審大阪高裁判決を支持して府の上告を棄却、原告勝訴が確定した。裁判官5人全員一致の判断。(産経新聞)yahoo

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

原爆の生存者で、アメリカに移り住んでいる人もいるみたい。信じられないよ。他の国から、アメリカに爆弾が落とされたとして、僕の故郷に落ちて僕が生き残ったとしたら、その爆弾を落とした国に住みたいとは一切思わないな。彼らがそのことを許して、人生を前に向かって歩んでいこうとする姿勢に恐れ入ったよ。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑アメリカが、日本を再建するのを助けて、今ある姿にしたっていうことにも気づくべきだよ。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑再建を助けただけじゃなくて、日本を飢餓の危機からも救ったんだよ。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑あと、日本がソ連に占領されようとしたのも防いだじゃないか。日本が、韓国のように2分割されていたかもしれないんだよ。もし戦争がもっと長く続いて、ソ連が北海道に侵攻していたら、絶対そうなったはずなんだ。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑実際に、それは起こったんだ。(ほんの小規模ですんだけど。)択捉島があるじゃないか。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

その生存者たちは、いま無敵の兵器をみてしまったから、その兵器が使われないところに行こう、と思ったかもしれないよ。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

たぶん、彼らは、その破滅の原因が、日本政府にあることをわかってたんじゃないかな。アメリカの軍隊は、野蛮人ではなく普通の、日本人と同じ人間で、兵士は食料も衣服もちゃんと与えてもらえるから戦争に行っているだけ、ということをわかってたんだと思う。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑私は、原爆には大反対だけど、これは筋が通ってる。同じ理由で、第二次世界大戦のあとにドイツ人がたくさんアメリカに来たんだよ。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑東京大空襲は、その2つの原爆を合わせたよりひどかったよ。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑まったくもって賛成。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本政府に破滅の原因があったの?原爆は、戦争を終わらせるのにはまったく必要なかったよ。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑うん、少しはね。彼らがアメリカに喧嘩をふっかけたんだから、自分の蒔いた種だよ。どうして全く必要なかったなんて言うんだ?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑じゃあ、日本政府がアメリカとの戦争を宣言したから、国民を殺すのは問題ないというの?
原爆なしでも、戦争は終わってたんだ。日本は、原爆がなくたって降伏するつもりでいたんだから。アメリカが、ロシアに、力の強さを見せつけるためだけのものだったんだよ。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

もっと根本的なことを考えているんだけど、どうして日本が医療費を負担しなきゃいけないの?アメリカが爆弾投下したんだから、アメリカが払うべきじゃない?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

何もしないよりは、良いと思う。

via:https://goo.gl/m1NBxv