海外の名無しさんを翻訳しました

日本の木工業では信じられないほどの精度が釘やネジなしで木の接合を可能にするんだ

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

日本の木工は世界でも綺麗だよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

彼らは全力で取り組むよ ほんとうに真剣なんだ あと西洋のはプッシュツールで、日本のはプルツールだよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑日本の両刃のこぎりを使うときはいつでも縦引き出来る方にしているよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

木工業で働いている父に聞いたんだが、ある日取引先の日本のノコギリを使ったんだけどとても変で、ノコギリがちょうどぴったりフィットしたり、まったく曲がっていないときに切れ味がとても鋭くなったらしいんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本ののこぎりを使うときは西洋のこぎりを使うときよりも腰を低くしてたくさん動かないといけないことがわかったよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

木の強度について詳しくないんだけど、いつ接着できるようになったのか知ってる人いる?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑それは価値のある木工接着剤が開発される前に発見されたんだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本人は建てるために必要なものを持っていなかったので木材を使用したんだよ そのあと仏教が普及してそれに伴ってアーキテクチャ、園芸、高度な冶金とともに大きな木の建物を建設する方法の知識が海外から渡ってきたんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑おもしろいね! 僕は仏教徒がそのような建設の知識を持っているなんて思ってもみなかったよ どこから伝わってきたんだい?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑これらの技術は仏教がとりこまれたときに朝鮮半島からといわれたり、中国からのものだといわれたり、正確にはわからないんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑何が正しいのかはともかく、重要なことは技能は人類の成長に伴って進歩していくのであって、仏教自体がこれらのことを革新させたわけではないことを理解することだと思うよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

japanEXPO2015パビリオンの構造の全体が釘やネジなしで設計されていたのには驚いた 信じられないくらいのエンジニアだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑個人的には少しがっかりしたよ ファンタスティックなパビリオンの多くの建物は内容が馬鹿げていたり、ただの宣伝だったり これのためにわざわざミラノへ行ったのに残念だね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本へ学びに行ったとき、再築中の古城へ行って独自の方法で直しているのをみたよ 接合するときは手道具を多く使うし、屋根の断面にも釘を使わなかったんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

この接合部分って構造上に意味があるの?それとも外観の問題?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑構造上だね というより鉄不足で釘とかをなるべく使わない方法としてこのやり方にしているんだと思うよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑みていてすっきりするね この仕事をやってみたくなったよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑わかるw簡単にリンクできるから日本の木工業をみている内に吸い込まれちゃうんだよねw

via:
https://goo.gl/bNprxm