海外の名無しさんを翻訳しました

105歳の宮崎秀吉選手が100m走105歳以上の部門で新記録をだして「ゴールデン・ボルト」と称された

105歳の現役ランナー、宮崎秀吉(ひできち)さん=京都市右京区=が23日、京都市内で開かれた記録会で、マスターズ陸上競技の100メートル走(105~109歳)に出場し、42秒22で見事完走して「世界最高齢スプリンター」としてギネス世界記録に認定された。高齢者の競技人口は少なく、100歳以上は“走りきれば優勝”とされ、宮崎さんは「ゴールまで行けて満足」と笑顔を見せた。

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

100歳以上の部門だけでいいんじゃない? 100歳と105歳ってそんなに違いがあるの?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑18歳と13歳がかけっこ勝負するとしたら? 要は発達するまでの重要な時間が必要なんだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

彼は最近破られるまで100歳~104歳の部門での29.83の世界記録も持っていたよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

100歳から105歳までの5年間で12秒もタイムが落ちるなんて、、歳をとるほどに身体は悪くなっていくことがわかるね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑確かに でも彼はそのことをわかって大会に挑んでいると思うし、それにどんな百寿の人たちよりも頑張っていると僕は確信しているよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑どのアメリカ人よりたくさん動いているだろうねw

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

彼は50歳を過ぎたころから若い身体を維持できなくなってくるんだろうし、記録は出せたとしても自己ベストは更新できないんだよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑地獄だろうね 彼はすでに私たちより数多くの劣化を体験してきただろうから

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑そうだね 頑張っても自己ベストがでないのは悲しいな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

統計学でいえば90歳の1年は100歳では3か月ほどに感じるらしいよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

男性の平均寿命について現在の統計学に基づくと、90歳は82%、100歳は62%、105歳は58%が次の歳を迎えることができるんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

最長寿のスプリンターだね 毎日老化する身体と自分自身と闘っているんだろう すごいよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

僕は京都のマスターズ陸上の記録会を色々と調べたんだ ほとんどの新聞記事には彼のことと世界記録について載っていたんだけど他の参加者のことは一切どこにも載っていないんだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑105歳以上の部門に参加した人自体がこれまではいなかったんだよ 記録をだすには走ることも必要だけど、半分は105歳まで生きるということが重要になってくるだろうね

via:https://goo.gl/5PZjkB