海外の名無しさんを翻訳しました

日本のゼロ戦が1945年の1月、硫黄島付近の上空でB-24に対して焼夷弾のようなものを投下している貴重な写真だ
WVQoJQl
以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

凄いけど、この爆弾って実際に機能してたの?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑これを受けても搭乗員とかって負傷するのは少なかっただろうな
徹底的に重爆撃機に対して投下されてたようだな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

こんな戦略を見たことがないぞ
日本のゼロ戦は素晴らしいな…

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

こんなことをやっていたなんて知らなかったわ
日本からはいつも学ばされるばかりだな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

あの爆弾は何だったかはよく知らないけど、日本は戦争犯罪を犯すことは何のためらいもなかったってことかな?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

戦争犯罪って第二次世界大戦後に米によって定義されたものなんでしょ?そうでしょ?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

アメリカはこれと同じようなものをベトナム戦争やイラクのファルージャ掃討作戦でも使用してたんだぞ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本の対空砲が射撃位置を修正できるように落としたものなんじゃないの?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑あの爆弾は焼夷弾だぞ。航空機を燃やそうとしてるんだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

こうやってわざと煙幕のように撒き散らせば爆撃機の機銃は敵機を捉えることは難しいんじゃないかな?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑なんかそんな感じのことを聞いたことがあるわ
でも彼らはまた同時に敵機をあの爆弾で破壊しようとしていたと思う
B-24の燃料タンクに引火するのって容易いことだから意図的に焼夷弾にしたんだと思う

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

何で空中で炸裂するような威力のある爆弾を作らなかったんだ?
コストも安かっただろうし扱うのも容易いだろう

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑もう戦争が終わってしまって当時の日本に聞くことすら出来ないからな
終戦間近の日本人たちは自暴自棄になって理解できないものを作ってたんじゃないかな

via:https://goo.gl/VQQ4ro