海外の名無しさんを翻訳しました

ネットカフェ難民とサイバーホームレスのことを学んだ。日本のホームレスは、24時間制のネットカフェか漫画喫茶で寝てる

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

シャワーも、飲み物もあるし、インターネットにアクセスもできるし、寝れるブースもある。もし路頭に迷ったらここに泊まろう

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

休暇で東京にいたとき、一晩だけ同じようなことをしたよ。椅子で寝なきゃいけなかったこと以外は、けっこうよかったね。すごくいいクッションがついたリクライニングシートだった

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑うん、僕も何回かやったことがある。店員たちは、外国人を扱うってなるとちょっと躊躇するけど、ありがたいことに、日本人の友達がそこにいて、最初メンバーシップカードを作るのを手伝ってくれたんだ
無料のコーヒーとセルフサービスのアイスクリームは、奇妙な朝食の組み合わせだったよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

彼らがそこに住んで、寝るんなら、ネットカフェは彼らの家みたいなもんじゃないの?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑法的な家ではないよ
都心では、手頃な価格の地域が枯渇してる(金持ちが得をするんだ)から、ネットカフェで寝泊まりしたり、通常と違う家に住んでる人が増えてるんだ
アメリカでは、ホームレスとは思えないような人たちがいっぱいいるけど、彼らは会社で寝たりモーテルに泊まったりしてるからなんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

僕は、ネットカフェはしってたけど、漫画喫茶って?図書館とカフェが組み合わさったようなもの?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑実際は、多くの場合、インターネットカフェでもあり漫画喫茶でもあるんだ。小部屋で読むための漫画を、棚からとってくることができるんだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑面白いのは、実際誰もそこで漫画を読まないことだ。サラリーマンには、寝る場所と思われてる

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑カプセルホテルに行く金もないかわいそうなサラリーマン

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑金がないからじゃないんだ。漫画喫茶はいっぱいあるから、もし終電を逃したとき、近くの漫画喫茶に行って寝るのが一番簡単なんだ。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑カプセルホテルは、同じ目的にかなう施設だし、少し高いだけで、本当のベッドと、もっといいシャワーがついてるよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑まあまあのカプセルホテルは、たいてい終電が出発する時間にはいっぱいになってるんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

アメリカにももっと24時間制のネットカフェみたいな場所があったらいいのに

via:https://goo.gl/VnidcR