ラグビーのワールドカップ1次リーグBの最終戦、日本対アメリカが12日、グロスターで行われ、日本が攻守に渡ってアメリカを圧倒、28-18で快勝した。すでに勝ち点で南アフリカ、スコットランドに届かず、1次リーグ上位2チームに与えられる準々決勝進出を果たせないことが決まっていたが、モチベーションを落とすことなく、大会前の目標としていた3勝目をマークした。日本は、1次リーグで3勝を挙げながらベスト8に進出できない初のチームとなり、南ア戦の世紀の番狂わせに続き、“最強の敗者”という新しい歴史をワールドカップに記した。

 試合前に決まっていた1次リーグ敗退。だが、日本のアメリカ戦にかけるモチベーション高かった。
「両チーム共に決勝トーナメントへはいけないが、プライドの戦いだ」
 エディ・ジョーンズHCの言葉が、この試合の意義を如実に表していた。

 アメリカは、大敗した南ア戦から中3日での試合となったが、その南ア戦では、主将のワイルズを温存するなど、対日本戦に焦点を合わせにきていた。サイズのある選手を揃えたパワーだけでなく、7人制ラグビーのようなスピードも備え持つ。

 対する日本は、参加最年少のWTB、藤田(早大)と、CTB、ウイング(神戸製鋼)の2人を初スタメンに送り出した。前半5分にマクギンティのペナルティキックでアメリカに先制を許すが、その2分後に、日本が流れるような美しいトライシーンを見せる。ラインの裏へ抜け出た小野が、ゴール前のスペースを狙ってキックで、ゴロを転がす。そのボールを藤田が好フォローでキープ。今度は、左へスピードのある展開でアメリカディフェンスを揺さぶり、最後は松島が、左中間に逆転トライ、ゴールも五郎丸が決めて7-3と逆転に成功した。

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

日本は3勝を挙げた歴史的なチームだということだな!おめでとう

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本は絶対に頑張ったと思う!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

サモアもスコットランドに勝てればよかったのになあ
とにかくおめでとう!日本!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本はよくやったよ!!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本にとって今大会は不利な状況が多かったのは確かだけど…
次の2019年はぜひとも頑張って欲しいよ!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

まさか日本がここまでやるとは誰も思ってなかっただろうから
試合を見るのが楽しかったよ。楽しませてくれて有難う!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

お疲れ様でした!!応援します
2019年の試合頑張ってください

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本はこれからも強くあって欲しい!躍進してくれ!