海外の名無しさんを翻訳しました

どうして、日本のメディア産業は、コンテンツ(音楽とかテレビとか映画とか)を世界に発信しようとしないの?
「アニメと違って、日本のメディア会社は、世界中の視聴者が日本のメディアに触れることを難しくしてる。ほとんどの音楽がオンラインで買えない(日本のiTunesのアカウントを持っていない限り)し、映画を英語の字幕付きで世に出したりしない。韓国のメディアは100倍も手に入りやすい。金を稼ぐ貴重な機会を逃してる気がするよ」

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

逆輸入に対する恐れだよ。日本ではまだ、DVDやblu-rayやCDの価格が高いんだ。日本の企業は、日本以外のところで同じメディアが低い値段で売られていたら、日本人が安い外国版のほうを買うんじゃないかと心配してるんだ。それと、日本人にあんまりデジタルに移行してほしくないんだよ。そうなると、彼らはあんまり変化できない。コンテンツを守るのが難しくなるんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑これだな
日本のメディア企業は、日本人が日本のCDとかblu-rayとかのコンテンツをアマゾンUSとかなにかで買うのを恐れてるんだな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

どうして日本は、日本人の音楽家たちのファンをつくるのをそんなに難しくするんだろう?
オンラインで彼らのミュージックビデオを見たい?日本では、「PV」つまり、プロモーションビデオと言われている。プロモーションってのは、広告するってことだ。日本での「プロモーション」っていったいなんなんだ?運が良ければ、「クリップ動画」か1分バージョンの動画がYoutubeにあがってるぐらいだ。運が悪けりゃ、彼らはあちこち、アップされたミュージックビデオを探し回ってるから、消されてるだろうな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑日本の市場それ自体が大きいから、生き残れるほどの利益を得られるんだろうな。彼らにとっては、海外市場に広告を出して得られるものなんて、かまう価値もないんだろう(お金的にも時間的にも)

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

アジアの国では、字幕付きの日本のテレビシリーズが見れるよ。たぶん西洋ではないだろうけど。アジアではある

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑そうだね。それに、たくさんの日本のミュージシャンが台湾とか中国とか東南アジアとかででツアーやコンサートをやる

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本人は、自分たちが、世界のほかの国からは孤立してると思ってて、日本以外の人たちはそんなことに興味ないだろうと思ってるんだよ
日本に初めて行ったとき、僕が、ドラゴンボールを見て育った(彼らと同じように)と言ったら、驚いてたよ。日本人は、そんなことありえないと思ってるんだ

via:https://goo.gl/W2A7f4