海外の名無しさんを翻訳しました

誰か日本の忍者の歴史と逸話を詳しく説明できる?
僕は特に服部半蔵と彼の戦国時代における役割について興味があるんだ。でも、一般的な忍者に関する背景知識をあんまり探せなかった

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

良い投稿だね!
どうして誰も忍者になって15世紀の忍者的なことをするようなサンドボックスゲームをつくらなかったのか不思議に思うよ。かなりわくわくするだろうな!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

忍者って、魔術を持った兵士なの?いいね!!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

忍者になりたい!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

忍者が、黒服で覆われた刺客だっていうよくあるイメージは、神話だと思う
頭からつま先まで黒の服っていうのは、日本の演劇から来てるんだ。日本の演劇では、全身黒を来た人は、見えないものとして扱われてるんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑補足しとくけど、日本の演劇の助っ人は、忍者みたいに黒で全身を覆ってたんだ。パフォーマンスの途中で物を動かすためにね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

もともとの単語は「忍び」っていうんだよ。「忍者」っていうのはそれが流行してから出てきた名前だ
「忍術」は、実は技術ではないんだ。武芸と言って、スパイ活動、放火、偵察、潜入を含んでいた
忍者と侍は、しばらくの間、同義語だったんだ。ほとんどの侍の一家は、忍者の一家でもあった
忍者はよく鉄砲とか大砲とか、ほかの爆発物を使ったよ
君たちがよくアニメで見るような、とがった形のナイフ、手裏剣は、実際はもうちょっと大きかったし、必ずしも投げる用ではなかった。接近戦のとき使われたけど、主に物を掘る道具として使われてたんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ちょっと前に、忍者の話と、彼らと信長の戦いについてのドキュメンタリーを見たんだ。見つけられたら投稿するよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

忍者は実在したけど、君が思ってるような奴らじゃなかったんだよ
忍者は全身黒を着てたわけじゃない。ときどきは、そうだったのかもしれない。でも、彼らは刺客だから、そのときの状況に一番ふさわしい恰好をしてたよ。武器にしても同じだ。忍者も本当にいろいろいるから、仕事を果たすために手に入れられる道具を使ってたんだと思うよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本人の友達がいるんだけど、アメリカでの、忍者の注目のされ方が理解できないって言ってたよ。ただの刺客の別名なのにって

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

あんまり忍者についての情報がないってことは、彼らは仕事をうまくやってたってことだ

via:https://goo.gl/dfyjRK