海外の名無しさんを翻訳しました

日本は外で必要になる水の全体の1%の室内で1日10000個のレタスを栽培するんだ 植物を育てるために理想なLEDから発される光は昼夜のサイクルを最適にしながら通常の2.5倍の成長を可能にさせるぞ

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

お前らは彼らが着ているタイベックスーツを知っているか? 僕はこの場所に入る前にシャワーを浴びた従業員が病気やアブラムシの侵入を拒むために着ているんだと思うよ そこにわずか1匹のアブラムシがいたとすると、、

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

僕は温室植物と害虫耐候性の仕事をしているけど、もしかしたら回転させた農薬に耐性を持つアブラムシがいる可能性があるな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

アブラムシやてんとう虫の侵入を防ぐためにどうやって空間を使うのだろうな 僕は無農薬の生産の実現可能性について考えたんだけどこのような技術は持ちえないよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑そのことに関連する大きな問題があるよ 
すなわち有効性と疾患だね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本は晴れの日が多くて水が少ないからまだ問題解決が可能なんだよ 
もし水が西欧であまり流れないのなら気候の変化や過剰消費が原因だろうな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

もし体積が小さい場合は再び手をかけて比較的水圧を増加させるんだ 
またもしより多くの脱塩水を使って終わらせるのなら
レタスやアルファルファのようなものを育てるのに多くのダムを使う必要はないね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

確かに、脱塩水は少ないけど多くのエネルギーを植物に与えるための習慣になるし
このシステムは主な利点の一つになるね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

これはLED光線による垂直な水耕栽培だよ 
このシステムに土壌はないし本当に強烈な環境コントロールを自動的にするんだ 

水耕農業は灌漑や漬侵やミストなどを通して必要な栄養素を確実に根に与える栽培で、
生産者が害虫や寄生虫やその植物の成長率まですべて管理することを可能にしたんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

消費電力の観点からみると僕が一日中同量のエネルギーを生成する発電所をもっていた場合
過剰ならエネルギーをオフにもできるということだね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑いいね! ずっと屋内にいるのなら日を気にしなくても日の管理ができるしね!

via:https://goo.gl/7Ua4FD