海外の名無しさんを翻訳しました

どうしてドイツと日本では、第二次世界大戦以降、暴動が起こらないの?
1945年5月のドイツの無条件降伏以来、ドイツ人のほとんどが、その事実を受け入れて、占領国の軍隊に攻撃しなかった。それはどうして?
日本にも同じ質問がある。天皇の、「耐え難きを耐え」と関係があるとは思うけど

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

日本では、暴動を寄せ付けないよう、政府やメディアや社会構造に再要請したのは、ダグラス・マッカーサーの手腕だよ。彼は、軍の協力者になってくれそうな国会や産業機械を追放したくはなかったんだ。完全に一掃してしまうと失敗に終わるとわかっていた。だから、最悪中の最悪のものを処刑して、残りのものには気づかせるようにしたんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑当時、歴史的または社会的調査から、マッカーサーがとった手法は機能するとわかっていたのかな?それとも、ただの空論で、試しと失敗によって学んでいったのかな?彼はそれが機能するとわかってやっていたのか、それとも機能しないとわかって別の方法を試してみたって感じなのかな?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑良い質問だね!マッカーサーの手法は、「非公認」で、アメリカ政府がやってほしいと思ってたのとは対照的だったんだ
だから、マッカーサーは、空論を使って、試しと失敗を繰り返していったんだ。彼は、自分が何をやりたくて、何を嫌っているかを知っていた。だけど、そこに行きつくまでに、戦略的なプランはなかったんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑マッカーサーは、日本の平和を維持することにすごく興味があったように思うけど、じゃあどうして、朝鮮戦争の時、中国と戦争することに固執してたの?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑マッカーサーはマニアだからだよ。彼が日本でうまくやったのは、彼の独裁的なスタイルが、縦社会の日本ではうまく機能したからだ。反共産主義の考えが、彼を盲目にしたんだよ。世界の共産主義のことになると、マッカーサーは、妥協する余裕すらなくなるからね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

西洋の連合国がその状況をどう対処したかをちょっと詳しく述べよう。戦争の終わりらへんに、ドイツは戦争の中ですべての信条を失っていたんだ。何もかも終わったと気づいた。ヒトラーもそうだった。だから、彼はドイツそのものを無鉄砲に破壊していたんだ。勝てないんだったら、撲滅させられたほうがましだと思ってね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ファシズムイタリアはどうなんだい?戦後どういうふうに扱われたの?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑欧米の連合国は、第二次世界大戦後、イタリアの共産主義のことを一番心配してたよ。イタリアは、本土に侵略されたときにすでに降伏していて、ドイツに占領されるんじゃないかと思われていたんだ

via:https://goo.gl/FxVFmo