海外の名無しさんを翻訳しました

ロシアのサハリンで旧日本軍の兵士の骨が見つかったらしい

千島列島北部の「シュムシュ島(占守島)」などで、ことし見つかった旧日本軍の兵士とみられる合わせて31人の遺骨がロシア極東のサハリンで日本側に引き渡されました。
31人の遺骨は、1945年8月に旧日本軍と旧ソビエト軍の間で激しい戦闘があった千島列島北部の「シュムシュ島」やサハリン南部で、ことしロシア国防省などが現地調査を行い発見されたものです。
遺骨が入った箱は9日、日本から出向いた厚生労働省の担当者が見守るなか、木製のやぐらに置かれ火がつけられました。そして、遺灰が用意された袋に丁寧に入れられ、日本側に引き渡されました。
千島列島やサハリン南部では、平成2年から日本政府とロシア国防省などが協力して戦没者の遺骨の収集を行っていて、去年までに旧日本軍の兵士とみられる263人の遺骨を発見しています。
今回日本側に引き渡された遺灰は、12日に日本に戻り、そのあと東京の千鳥ケ淵戦没者墓苑に納められる見通しです。

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

見つかって本当に良かった

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ようやく祖国に帰れる時が来たんだね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

もう二度とあんな馬鹿げた戦争を繰り返してはならないな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

今になって発見されたのか、遅すぎる

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑アメリカも日本も見帰還は山ほどあるんだぞ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

サハリンでソ連兵と戦ってたってことか

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

見つかってよかったじゃないか、敬礼

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

バンザイ!!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本の万歳突撃が敢行された利したのかな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

あの当時に日本人は資源も戦力も乏しい中、よく戦ったと思う

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

たとえ他国の兵士であったとしても
当時、国を全力で守るために戦った英雄であることに敬意を表する