中国では11月11日は、ここ数年、インターネットの通販サイトが大規模なバーゲンセールを行い、大勢の人が一斉に買い物を行う日として定着していて、中国経済の減速が鮮明になるなかでも好調なインターネット通販での消費の動向が注目されています。
中国では、11月11日は1が4つ並ぶことから「独身の日」と呼ばれていて、ここ数年は、インターネットの通販サイトが「自分へのプレゼントを買ってほしい」などと大規模なバーゲンセールを行い、若者を中心に大勢の人が一斉に買い物を行う日として定着しています。
ことしも多くのサイトがセールを行っていて、このうち、大手のアリババは、運営するサイトでの取引額が現地時間午前0時の開始から僅か12分余りで100億人民元を超えました。その後、現地時間の午後5時半の時点では、取引額は719億人民元、日本円でおよそ1兆3800億円を超えたとしていて、去年のこの日の取引額を大きく上回っています。
ことしは、「爆買い」などで知られる中国の人たちの消費を取り込もうと、日本企業をはじめ多くの外国企業も参加していて、上海市内ではスマートフォンで、早速、商品を購入する人の姿が見られました。
中国では、経済の減速が鮮明になるなかでもインターネット通販は売り上げが好調な伸びを維持していて、内需主導の経済へと構造改革を進めたい中国政府としても重視しているだけに、ことしの消費の動向が注目されています。

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

年がら年中独身の俺には関係なかった

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑悲しいね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

中国人の考える事は理解できんわ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

この中国の通販サイトって偽物が多く出回っていることで有名でしょ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑中国人はそれすらも気にしていないんじゃないのかw

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

独身の日がなにか特別だっていうのか?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

富裕層がただ爆買いを楽しみたいだけでしょ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

時刻の製品を買い漁ってくれるのは良いけど、マナーだけはしっかりしてくれ中国人観光客よ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本旅行に行った時も日本人より中国語を話してる人のほうが有名な観光地には多いからな