海外の名無しさんを翻訳しました

ニューヨークのフードバンクにお金を寄付する代わりに、トヨタは「改善」を寄付した。トヨタのエンジニアたちがスープキッチンを改善。平均待ち時間を90分から18分に

http://irorio.jp/omimio/20130804/71543/

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

「改善」は、問題を見つけてそれを解決して、さらに問題を探し続けることにフォーカスしてるよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

僕の前の歯科技工室での仕事で、僕たちはたくさん改善をしている途中だった。何週間も何週間も働いたけど、結果はかなり良かったよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑どんな改革をしたのか、具体的な例を教えてくれる?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑まずはじめにやったのは、全員を研修みたいなものに参加させて、改善と5Sについて学んだんだ。次の大きな変革は、掃除だよ。全員ですみずみまで掃除して、作業室はひとつも汚れがなくなった。あとは、導線を確認して、効率よく動けるように物を配置したことかな。ちょっとした例しかあげなかったけど、僕はすべて終わる前に職場を離れてしまったから、完成形を見ていないんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

最初は、わあ、すごいな!と思って、記事を読んだ
その店では、10人出たら10人入れるというシステムをとっていたんだ。人が出て行ったところから席を埋めていくのではなく
90分待たなきゃいけなかったのも当然だよな。バカだろ。どうして、人を外で待たせている間10人が出るのを待たなきゃいけないんだ?
トヨタの改善策に感動したというよりも、もともとの馬鹿さ加減に呆れたよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

これは実に、トヨタの利益になる大きな寄付だな。僕は病院で働いてて、こういう人たちが来たんだけど、システムを分析して僕たちをもっと能率的にするために一役買ったんだ
シックス・シグマが、待ち時間と時間の無駄をなくして効率的なシステムをつくりだすのにすごく役立った

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

言い換えれば、時間>金ってことだ。あげたお金はいつでも取り返せるけど、時間は取り戻せないもんな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

トヨタは、有名な、渋谷の交差点にあるスターバックスの経営方法をとるようにスープキッチンに提案したってことなんだな。一人の従業員が、席が空くのを見守ってて、空いてるテーブルに客を案内するんだ。日本の全店のスターバックスが、何も買わずにテーブルを使ってる居そうろうに厳しいんだ。アメリカでもそういうことをやってほしいよ

via:https://goo.gl/Oi6CYN