海外の名無しさんを翻訳しました

これは正しいフランスの反応なのか?

【AFP=時事】(写真追加)フランスの空軍は15日、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の事実上の「首都」となっているシリア北部ラッカ(Raqa)を空爆し、指揮所と訓練基地を破壊した。仏国防省が発表した。ISが犯行声明を出したパリ(Paris)の連続襲撃事件以降、同国がISを空爆したのは初めて。

 作戦には戦闘爆撃機10機を含む軍用機12機が参加し、20発の爆弾を投下した。軍は声明で「破壊した第1目標は、ダーイシュ(Daesh、ISのアラビア語名の略称)が指揮所、過激派の人員採用施設、武器弾薬庫として使用していた。第2目標にはテロリスト訓練施設があった」と述べている。

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

我々フランスに何をしてほしいというんだ?ただそこに座って泣けって?ごめん、僕らはチャーリーヘブド社事件の後それをやって、効果がなかったんだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

外交交渉をする代わりにもっと早くそうしとけばよかったんだよ。このISISのくずたちは唯一このことを学んだんだ:殺すか殺されるかだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑だれも外交交渉なんてしてなかったよ
ISISのテロリストに対する爆撃は、何か月も続いていたんだ
正しい地域に爆弾を落として、実際にテロリストを殺せているなら、どんなに爆弾を落としても僕は気にしないさ。ただ無差別に爆弾を落とすんじゃダメだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

シリアに爆撃することが、フランスがイスラム国のターゲットになった理由だよ
爆弾を落とすことは、爆弾自体が作られたときから、なんのためにもなってないよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

じゃあ、フランスに何をやれと提案するの?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

フランスにいる人々に同情するよ。個人的な話だけど、家族と友達がそこにいるんだ。でも、シリアやイラクに爆撃することは、何の罪もない市民を殺すことになる

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

僕はフランスの味方だよ!よくやった!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

フランスは、アメリカよりも賢くいなきゃ。馬鹿げたほど攻撃的になっちゃいけない。今日まで、誰もテロに勝ったことはないんだ。誰もだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

フランスの、最も大きな過ちだ…終わりの始まりだよ…

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

イスラム国の人々の多くがすでに国内に入っているだろう。でも、アクションを起こさなきゃいけない。これは最善の決断だよ。僕らは、起こったことを受け入れられない

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

正しい答えなんてあるの?
僕はそう思わない

もしテロリストを無視すれば、90年代のアルジェリアみたいになって、僕らはたったいまその結果を目にした

もし攻撃すれば、それは戦争だ。でも、人間の憎しみが広がる場所を減らせるかもしれない

すべての国が、彼らがどんなに危険か、真剣に考えるべきだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

反動的だよね。本部を知ってたのなら、どうしてやられる前にかたづけておかなかった?どうして惨事が起こるのを待ってたの?

via:https://goo.gl/5onh88