海外の名無しさんを翻訳しましたus

フランスの同時多発テロを受けた非常事態宣言って意味あるの?

フランスのオランド大統領はパリ同時多発テロ後、「非常事態宣言」を発令し、治安当局が令状なしで家宅捜索に踏み込むなど対テロ作戦を遂行している。こうした対応が可能なのは、緊急事態に対応するため、一時的に国の権限を強化して国民の権利を制限する「国家緊急権」が、憲法や法律に設けられているからだ。国際テロの脅威は日本にとって対岸の火事ではないが、憲法には同様の規定は存在せず、「テロとの戦い」の欠陥となっている。
仏政府は非常事態宣言で、国境封鎖▽夜間の外出禁止▽集会の禁止-などの措置を取ったほか、治安当局が令状なしで家宅捜索を行い、武器の押収や逮捕につなげている。

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しましたde

今更もう手遅れだな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたus

ヨーロッパにまともに旅行行けないじゃん、どうしてくれるんだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたgb

テロリストも馬鹿じゃないから郊外に散り散りになって逃げてるでしょ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたcz

また罪なき人も犠牲になってしまうんじゃないの

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたtr

ケバブの移民で覆い尽くしてやろうか

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたde

↑ドイツに送ってくるのは頼むからやめてくれ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたus

結局テロはなくならないよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたgb

難民移民を受け入れなければいい話だ
それも手遅れだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたus

テロリストの国に核を落とせば一発で解決だろ