海外の名無しさんを翻訳しました

日本のインターネットの闇サイトで日本人のクレカ情報などが流出していると判明

犯罪行為に関する情報やソフトなどがやりとりされているインターネット上の「闇サイト」で、日本のクレジットカード会社を利用している1万1532人分の名前、番号などが不正に売買されていることが5日、分かった。イスラエルのセキュリティー会社が、闇サイトへの侵入に成功して確認した。ほか複数国のカード情報計約300万人分もあった。
 調査したのはセキュリティー会社「テロジェンス」。日本では企業へのサイバー攻撃でカード情報が流出する事件が相次いでおり、取引されているのがこうした情報の可能性もある。売買された番号でカードが不正利用されるなどの被害が拡大する恐れもある。(共同)

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

なんてこった…

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

攻撃しているのは誰なんだ?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑日本に恨みがある中国人や韓国人なんじゃないw

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

これはかなり怖い事件だな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

クレジットカードの流出って防ぎようがないのか

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

アメリカでもハッカーによる個人情報の不正売買があとを絶たないよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

これをされた日本人も可哀想

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

クレカで勝手に使われたりすると嫌だな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑これは情報を売るためだろうし、使ったらすぐに分かるから不正利用はないと思うけど
なんにせよ犯罪だがな