海外の名無しさんを翻訳しました

日本で印刷された、最初の仏教世界地図。19世紀後半まで、日本で印刷されたそののちの仏教世界地図の模範となった
4eLdJ6F

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

インケレスと書いてあるのはイギリスだ
スランスはフランスで、ウムカリはハンガリーだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑日本人に当時認識されていた他のヨーロッパ地域や国は、この地図の中にある?
ハンガリーが、同じ世界の中に存在していると、仮説的に理解していたってのは面白いな。もちろん。こういう地名は、彼らにとって何の意味もなさない単語にすぎなかったんだろうけど
こういう地名を表す今の日本の単語は、地図上に描いてあるのと同じなの?この地図の中で、完全に架空の場所とかはある?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑紅毛は、オランダを表していると思う
ポロニヤってのがあるけど、おそらくポーランドだろう
アルバニヤは、アルバニアだろうね。どうしてアルバニアがこの地図にあるんだろう?わからない

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑変な漢字で書いてあるのもあるから(長髪国とか三足国とか)見分けるのが難しいよ
90%の確実さで言えるけど、いくつかの国が、今と違う名前を持っている理由は、ポルトガル語から日本語に訳されたからだよ。英語からじゃなくて
だから、アイスランドはイセランデって書かれてるんだ。ポルトガル人は、日本と交流を持った最初のヨーロッパ人だから、1500年代中盤から、文化を共有してたんだ(てんぷらは、ポルトガル語から導入されたんだよ)

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ケが、ナみたいに見えるね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ギリシャとペルシアはあるかい?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑ギリシャはある。ペルシアは見えないけど、ポーランドの下に、「トルコ」っていう島があるね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑ギリシャはあるのに、もっと近い中東地域がないっていうのは面白いな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

いいね、僕は、仏教徒のルームメートがいるから、クリスマスのためにこれを印刷させよう

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

こういう地図好きだよ。どういうふうに、地理に対する常識が変化して来たかがすぐ見える

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

すばらしい
どうして北海道のサイズがそんなに間違っているのか知りたいよ…

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

アラスカがそこにあるっていうのを知ってたってのがすごいな

via:https://goo.gl/FcPA3B