暖かくなってきたこの季節。公園などに行くと木と木の間にロープを貼って綱渡りをしている人を見かけたことはありませんか?実はそれがスラックラインというスポーツでみなさんも一度は耳にしたことがあるかもしれません。

体験したことのない人からすると何が楽しいの?何を目的としているの?と思うかもしれませんが、一度やってみるとこれが面白いんです。今回はそんな未体験の人達に向けて、スラックラインの楽しさをお伝えします!

簡単に見えるんだけど…?

ただの綱渡り。いわゆるバランスゲームのように思えるスラックラインですが、初心者の人は口をそろえてこう言います。

「意外と難しい。もう一回やらせて」

と一度体験するともう病み付きになるんです。と言うのは言い過ぎかもしれませんが、大半の人は味わったことのない感覚にハマってしまいます。

私の感覚ですが、小学生の頃に平均台で遊んでいたからそれと同じような感覚で大丈夫だろうと思っている人ほどハマってしまうひとが多いイメージです。想像以上に不安定なのでナメていると大目玉を食らいますよ!

何を目的としているの?

コツを掴むと歩けるようになり、安定して歩けますがそんなのはまだまだ序章…。
日本でも徐々に流行しているスラックラインは上級者になるとまるで一本のロープをトランポリンのように飛び跳ねることが出来るのです。

上級者も最初は歩けないところからスタートしています。現在競技人口がまだまだ少ないので、今のうちに流行に乗っていれば上達した頃にブームが来るかもしれませんね!始めるなら今が丁度いいのではないでしょうか!

始めたいけどまずは何をすればいいの?

人口が少ないとはいえ、東京大阪を始めさまざまな所で室内練習場があります。屋外でやるのも楽しいですがもちろん室内でもできるので雨でも安心です。

特に用意するものはなく、動きやすい服装でぜんぜん大丈夫ですので一度友人を誘って体験してみてはいかがしょうか?