海外の名無しさんを翻訳しました

日本が太陽系外惑星に名前をつけた、日本神話の天照大神からとった「アマテル」が採用された

国立天文台(東京都三鷹市)は15日、太陽系以外にある複数の惑星に、国際天文学連合が初めて命名すると発表した。

日本神話の天照大神あまてらすおおみかみ由来の「アマテル」など、日本から提案された四つの名前が採用された。太陽系外惑星は1995年に発見され、過去2000個以上見つかっている。地球と似た星もあり、生命がいる可能性もあるとして研究が盛んになっている。

同連合は、太陽系外の惑星と、その惑星が回る主星の名前を全世界から公募。約240個の候補名をインターネット投票にかけ、31惑星と14主星の名前を決めた。アマテルは広島県呉市の天文館「かまがり天体観測館」が提案、国立天文台岡山天体物理観測所で2007年に発見されたおうし座の惑星の名前になった。

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

カッコいいじゃないか、日本の神か

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本バンザイ!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本の名前らしいね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

素晴らしい!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

Amateruってどういう意味なの?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑天照大神という日本の古代の神だそうだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

アマテラスって聞いたことがあると思ったらナルト似合ったな!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑ナルトにも日本の古代の神の名前が登場するね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

地球外生命体を早く発見してくれ!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本らしくてカッコいいね