海外の名無しさんを翻訳しました

韓国の格安航空会社のLCCの旅客機がドアが閉まっていない危険な状態のまま飛行していたらしい

フィリピン・セブ発釜山行きの韓国の格安航空会社(LCC)、ジンエアー機が3日、完全にドアが閉まっていなかったとみられる状態で飛行、セブに引き返した。韓国のLCCでは昨年12月にも済州航空機が装置の不具合で急降下するトラブルがあったばかりで、韓国国土交通省は4日までに国内LCC6社の安全点検に乗り出した。

 ジンエアー機は離陸の約30分後、高度約1万フィート(約3048メートル)でトラブルが判明。聯合ニューステレビが伝えた機内の映像によると、前方左側のドアの開閉部分に手の指が入るほどの隙間が開いていた。乗客は「風が入ってきた。気圧の影響で頭痛がした」などと語った。

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

なんてこった・・・

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

これは絶対にあってはならないことだよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

乗客に返金するべきだろ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

韓国人はずさんな民族だな
日本の航空会社を見習うべきだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

中国の航空会社は酷いのは知ってたけど、韓国もかよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

なぜ安全管理を徹底しないの?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

気圧が急激に変化するのに危険過ぎるでしょ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

中国や韓国の格安航空券は安いだけで質は最悪だよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

韓国はずさんな国だな、最低だ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

こんなことがあっていいのか

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

安くても韓国の飛行機なんて乗りたくないね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

なぜ離陸前に発見することができなかったの?安全管理はどうなってるの

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

このことを知った乗客はとんでもなく恐怖だっただろうね