海外の名無しさんを翻訳しました

ミャンマーで日本政府が寄贈した昭和のレトロな車両を使って鉄道が運行されはじめたぞ!

東南アジアのミャンマーで初めての電車が日本の支援で運行を始め、経済成長とともに激しさを増す交通渋滞の緩和に役立つと期待されています。
ミャンマーの国鉄は、最大都市ヤンゴンのおよそ6キロの既存の鉄道路線で電化の工事を行い、国内で初めてとなる電車の運行を10日から始めました。
車両は日本の広島電鉄が使っていた昭和30年代製造の中古の路面電車で、日本政府が電車の運行に必要な技術者を派遣するなど支援を行ってきました。

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

日本の鉄道が導入されたのか!おめでとう

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本はどの国にも技術提供するんだね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本車も安心だから電車も安心だろw

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

何十年前の車両って安全性に問題はないのか?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

すごく良いと思う

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ミャンマーにも日本の支援は行き届いてたんだね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

昔の日本の車両か

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本の使われなくなった車両を寄贈したんだね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

めちゃくちゃ前の車両だけど日本製は安心できるね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました