5月26日のメジャーリーグで起きた珍事件が起きました!それはブリュワーズ vs ジャイアンツの試合。試合が始まって間もない1回ウラに起きた事件です。

今回の中心人物

usp_mlb__san_francisco_giants_at_milwaukee_brewers_73307490

今回の珍事件の中心人物はブリュワーズのクリス・デービス選手。バッティング・走塁・守備の全てを兼ね備えた素晴らしい選手です!

事件が起きたのは1回ウラ。2番バッターのデービス選手は6球目の甘い球を見逃しませんでした。真芯でとらえた打球は右方向に伸びてスタンドに入って見事ホームラン!貴重な先制点にファンも大喜び!スクリーンショット 2015-05-26 23.47.42

打った本人も相当気持ちよかったのでしょうか、ホームイン直前にカメラ目線をしっかりと決めています(笑)

スクリーンショット 2015-05-26 23.49.24

そのホームインする時に注目してもらいたいんですが…。Vineに投稿している人もいたのでそれを見てもらいましょう。

おや…?おやおや…?!

そうなんです。今回の事件というのはホームランを打ったデービス選手がホームベースを踏んでいないのではないか?という事でちょっとした騒ぎになったのです(笑)

野球のルール上、ベースを踏まなかった場合そのプレーは無効となりアウトとなります。ということはこのホームランが幻になってしまうということになるのです…!

そのプレーに関してジャイアンツの監督が審判に抗議しにベンチを飛び出します。

スクリーンショット 2015-05-27 0.06.10

審判団の長い相談の元、試合は続行することになり次のバッターが打席に入ります。しかしジャイアンツのバッテリーは念の為に行なうアピールプレーをします。(今回の場合はキャッチャーがボールを持ってホームベースを踏んでいました)

スクリーンショット 2015-05-27 0.12.04

なんと審判はアウトと宣言!バッターも「信じられねーよ!」と言わんばかりのガッカリ感で仰け反ってしまいます。この判定にブリュワーズ側は当然、抗議に出ます。

スクリーンショット 2015-05-27 0.14.09

メジャーリーグにはチャレンジという制度があり、審判が出した判定に納得できない場合はそのプレーをしっかりとビデオで見直し、そこでもう一度判定をするという制度です。テニスなどでもよく見ますよね!

もちろんブリュワーズはチャレンジ。ここからまた審判団の長いミーティングタイムが始まります(笑)

スクリーンショット 2015-05-27 0.19.37

この映像が決定的となり、判定は再度セーフになりました。一瞬驚かされたブリュワーズですが結果的にこの試合には負けてしまいます…。

しかしデービス選手はこの次の打席でもレフトスタンドにホームランを打っていて、確実にホームランを踏んだそうですwカッコイイですね…。

スクリーンショット 2015-05-27 0.20.37参照元:USA TODAY

審判も涙目で反省しているようにも見えるので許してあげましょう…(笑)