海外の名無しさんを翻訳しました

日本のイルカの追い込み漁を批判的に描いたザ・コーヴの出演者であるリチャードオバリー氏が日本に入国拒否されたそうだ

和歌山県太地町のイルカ追い込み漁を批判的に描いた米映画「ザ・コーヴ」の出演者で、米国籍のイルカ保護活動家リチャード・オバリー氏が成田空港から18日に日本に入国しようとしたところ、東京入国管理局が許可せず、入管の施設に留め置かれていることが20日、オバリー氏の弁護士への取材で分かった
 弁護士によると、オバリー氏は2月初旬まで、太地町でイルカ追い込み漁の調査活動をしたり、京都観光をしたりする予定だった。東京入国管理局成田空港支局の施設に移され待機している。オバリー氏は「観光目的」で入国する予定だったといい、法務省に異議を申し立てている。(共同)

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

日本はいつまでイルカ漁を続けるの?
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

捕鯨もやめるべきだ
そしてドキュメンタリーを作れ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

入国拒否は可哀想だろ、入れてやるべきだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

異常な国だな、なぜ入国させない

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

イルカは極めて賢い知性を持った生き物だ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本人はイルカ漁をしてその肉を食べるんだろ?とんでもなく残酷だ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑食料のために漁をしているわけじゃないよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

で、この映画は有名なの?
まったく知らないけど、イルカ漁には反対だわ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

イルカ漁も捕鯨も残酷だ!やめるべきだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本で問題を起こすかもしれないからって日本の判断は正解だろ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本のイルカ漁を非難している奴は頭おかしい

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

イルカ漁がダメなら動物を狩るのもダメってことになるからな
なぜ哺乳類を特別視するのかがよくわからん