海外の名無しさんを翻訳しました

フランスの国会銀

 【パリ時事】フランスの国民議会(下院)は10日、テロで有罪判決を受けた二重国籍者から仏国籍を剥奪できるようにするテロ対策強化法案の採決を行い、賛成多数で可決した。結果は賛成317、反対199。近く上院でも審議が始まる見通し。

 ただ、法案には「人権侵害だ」と反発が根強い。成立までにはなお曲折が予想される。

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

人権や市民の権利はどこへ行ったの?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

移民の国の末路だな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

素晴らしい法律だと思うよ2

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

そりゃ移民は排除するべきでしょ、問題でしか無い

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

移民を受け入れておいて追放する国か?最低だな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

人権や差別なんて偽善だよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

テロリストどもには人権はないな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ヨーロッパはもう移民に侵略されて終わったよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

人権を尊重する国がフランスじゃなかったの?偽善国家だな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

二重国籍なんて論外だけど、永住権をとってる奴ももっと制限すべき

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

移民を受け入れたからこうなるんだよな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

これはもとから立案されるべきものだった、なぜ反対がいるのかもわからないね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

フランスは非常事態宣言を出した時点で終わった国だよ