海外の名無しさんを翻訳しましたjp

第二次世界大戦について
私は英語が全くできません。この文章も日本語で書いて、Google翻訳で機械翻訳して投稿しております。英語が喋れる日本人というのは、それだけで社会性、思想性で一般的な日本人の思考とは異なります。

これから書くような意見について、世界の人たちからはどのように思われるのか興味があるので投稿させて頂きました。
1455344311599
以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しましたjp

日本人の考えの根底にあることは、
・植民地政策に走らないと、西洋の植民地政策に飲み込まれる(日本が植民地になる)時代背景があった。(→これは日本が原因ではなく西洋がアジアに持ち込んできた)
・西洋の植民地にならないためには、国が富まなければならない。
・その思想が大前提にある中で、アジアの他国を侵略した。(日本は西洋からアジアを解放する、という綺麗な言葉を言いますが、自国のためという理由が絶対にありました。)
・日本は植民地にならないために努力したけど、経済(貿易)ブロックなので、日本が開戦をするように西洋が追い込んだ。(日本が戦争をしたかったのではなく、日本と戦争して負かし、世界のルールを作りたかったの西洋でしょう?)
・日本はパールハーバーに宣戦布告なしに攻撃をした(死者に対して、日本人として本当に申し訳ないと思います。)
・日本が戦争に負けた。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたjp

・原爆によって日本が降伏したと一般的に言われますが、日本があのタイミングで降伏した最大の理由はソ連の侵攻が一番大きいと思います。(アメリカはそれを含めて原爆を投下したと思いますが)
・日本の多くは、WW2という戦争を自己表現、思想争いの戦争と自覚していると思います。友人、知人との普段の喧嘩に近いイメージです。
・喧嘩に負けたから制裁を受ける、それに抵抗はありません。
・喧嘩をした友人と、喧嘩前より仲良くなることってありませんか?その感覚で日本はアメリカに敵意がありません、むしろ好きです。
・ただし日本は自分の喧嘩にアジアの他国を巻き込んだことは反省しなければなりません。(日本は西洋の植民地からの解放という言い訳をしますが、それは純粋な気持ちではなく、それを利用した日本の権力の拡大が絶対にありました)
・アジア諸国に申し訳ないという気持ちは常にありますが、この流れがあった上で、アジアを植民地化しようとしていた西洋諸国の戦勝国側にたって日本を責める国に不快感がありますし、それを擁護する西洋の国にも不快感があります。
・しかし戦争の裏には一人の個人の人生、生き死にを左右する現実があるので、それに荷担した日本人(自分を含めて)は、猛烈な反省をしなくてはならないと本当に思っております。

このように考えてる日本人、世界からはどう思われるのでしょうか?
(Googleは自動運転の車を作るより、早くもっとましな翻訳ザービスを作れ!それが平和へ繋がる)

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたus

残念だけど、君たちの国は負けたんだよ
アジアから、白人悪魔を駆逐するという素晴らしい理由で戦争をしたフリをするな。君の馬鹿な祖先は、アジアを征服するという、信長の幻想のような夢を叶えようとしただけだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたjp

1455346633619

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたjp

↑北朝鮮は、5年以内に滅びるよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたit

アメリカ人はクソだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたau

アメリカ人は、日本人が南京大虐殺で殺害した人数よりも多い人数を、東京で殺したからな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたus

↑アメリカでは、戦争について、詳しいところまで正確に習うから、アメリカ人と日本人の死傷者がだいたい同じくらいってのはわかってるんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたau

↑アメリカ民間人死亡者:100
日本民間人死亡者:900000

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたus

↑ああ、ちゃんと言っとくべきだったね。僕が言ってるのは、アメリカによる東京大空襲での日本の死傷者の数ってことだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたau

↑それは、戦後の日本政府がアメリカ支持だったからさ
アメリカ人が言った数に日本政府は同意しただけなんだ。だって、アメリカは日本の同盟国だし、政府は、日本人がアメリカを嫌わないようにしなきゃいけなかったからね。

歴史の本は、日本とアメリカの都合のいいように書き換えられた

 

 

海外の名無しさんを翻訳しましたau

↑もし日本人が、アメリカによる日本人の虐殺の事実を知ったら、大多数がアメリカを嫌うことになるだろう

via:https://goo.gl/MKsgYF