海外の名無しさんを翻訳しました

JETプログラムは国の英語力を上げるのにそんなに役に立っていない

主に英語を母語とする大学卒業者を日本に招聘する。招聘された人材は、外国語指導助手 (ALT)、国際交流員 (CIR)、スポーツ国際交流員 (SEA)の3つの職種に分けられ従事する。それぞれ職種に応じて、小学校、中学校、高等学校、地方公共団体の国際交流担当部局等に、それぞれ配置されることになる。
昭和62年(1987年)度から開始され、20年目を迎えた2006年度には、44カ国の国々から5,508人が事業に採用され、世界で最大の語学指導を行う招致事業となった。約半数はアメリカから来日しており、他の100名以上の参加がある国は、イギリス、アイルランド、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドとなっている。日本国籍を保持する者は、国籍の離脱手続きを行うことで参加が可能となる。主な参加要件としては、40歳未満であること、3年以上の日本在住歴がないこと、などが挙げられる。参加者の90%が外国語指導助手として従事することになる。

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

JETプログラムは、日本でもっとオープンになるべき
明らかだと思うけど、日本に住んだことがあって、英語を教えた経験がある人はJETを通しては先生になれない
自分も含め、ビジネス英語や英会話より公共の学校で教えるほうがいい人もいる
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

いやいや、JETプログラムもちゃんと目的はあるよ
言語の結果をはかるなら、ふつうのALTは失敗なきがする
でも、基本的なことはほとんど授業じゃないから
ただ外人がいることになれさせて、好感をもたせて、海外旅行に興味を持たせる感じ
成績で成功を図るなら、失敗って感じやすいと思うけどコミュニティーを作るならそうは感じないよ
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

息子が11歳の時から、日本の田舎に住んでるよ、小さな村に
そこの学校の英語教育がとてもレベルが低くて心配だった

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

確かに成績やテストの結果だけじゃなにもできないよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

JETプログラムの一員だったことがある

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

JETプログラムで2年間支援てきて積極的な先生方と一緒に働いてたよ
そして、学校で人生の転機になるような経験をした!
いまだに英語教えてるよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

もしJETプログラムいやなら、喜んでその仕事もらうよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑やめろよ!北海道の真ん中の何もないところに住みにくれば

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

JETプログラムに必要な資格ってなんなの?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

JETプログラムの一般的な問題点は、といってもJETプログラムだけの話じゃないんだけど、
日本の英語教育は中学校からしか始まらないし、そして教科書がネイティブは使わないようなことしか教えてない

via:https://goo.gl/XnU0f1