意外と知ってそうで知らないインド。凄く魅力的な国なんですがあまりインドのことを知っている人は少ないのかもしれません。精神面を鍛えるために「インド一人旅」なんてことを聞きますが、いったいどんな国なんでしょうか?

行かなくても明日から知り合いに話せるインドの意外な雑学を紹介したいと思います!

1.首相が謙虚

38

2013年のとある月の首相の給料は、わずか2400ドルでした。同じ月のアメリカ大統領の給料は、33,000ドルだったのです。どれだけ少ないかが分かりますね!

2.鉄道会社の雇用

69-1024x768

インドの鉄道会社は世界最多の160万人を雇用し、社員はこれからの成長に見通しを期待しているそうです。
インドの電車といえば、ラッシュ時にサーカスのような乗り方の写真が有名ですよね(笑)これからもっと整備されると、利用率はさらに増えそうです!

3.女性を採用する航空会社

109-1024x648

インドのとある航空会社はなんとかして経費を少なくしようと考えた結果、搭乗員などに女性を多く採用しました。その狙いは体重の軽さです(笑)

女性は比較的男性より軽いので、燃料代を年間500,000ドルまで節約できるのです。

4.ジオナ・チャナさん

138-1024x684

一夫多妻制が認められている地域に住むジオナ・チャナさんは「世界最多の家族の持ち主」として有名です。なんと39人の奥さんと94人の子どもという異常なまでの多さです。勿論普通の家じゃ住めないのでマンション一棟を使って家族全員が暮らしているそうです!

5.恐怖の魔術

178-675x1024

なんとインドでも都市伝説が流行っており、こんな言い伝えがあります…。

2000年〜2012年の間に魔術で告発された人は後に姿を消した

という人が2,000人以上もいるのです。告発ってなんでしょうね…。凄く怖いです…。

6.人口爆発

2010-1024x604

実は中国に負けじと、インドも人口爆発の兆しが見えています!具体的な数値はわかりませんが、2050年までにインドは最も人口の多い国であることが期待されているそうです!

via:bestpictureblog


どうでしたでしょうか?あまり知られて無さそうなものをチョイスしたのですが、インドはまだまだ知らないことがたくさんありました。

それにしてもジオナ・チャナさんは凄いですね!もっと有名な話になっていいと思うのですが…!こんなインドを次の旅行先にいかがでしょうか?