経営再建中の東芝が、洗濯機や冷蔵庫といった白物家電事業を中国家電大手の美的集団に売却する方向で最終調整に入ったことが15日、分かった。売却額は数百億円規模になる見通し。トルコ大手のアーチェリックとも交渉を進めたが、売却額などで美的に好条件を提示されたとみられる。

 白物家電を手掛ける子会社「東芝ライフスタイル」の株式の大半を売却する。美的は東芝が販売網を持つ日本や東南アジアに販路を広げ、事業拡大を目指す。東芝は中期経営計画を18日にも発表し、白物の売却も盛り込みたい考えだ。

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

東芝も中国に魂を売ってしまったのか

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

悲しい、日本企業がまた潰れてしまうね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

何をやっている!日本の誇りを見せろ!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

中国メーカーになってしまうんだね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

これは時代の流れだ、しかたのないことだと思う

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

どこの会社も上層部が無能っていうのは変わらないんだね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

金で中国に買われたんだね、残念でしかたがないよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本製はこの世界からなくなってしまうんじゃないか?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本の技術が失われていく
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本の素晴らしい技術がどんどんコピー大国に流れ込んでしまうね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

なぜ中国に売ってしまうの?
役員は目先の金しか考えてないのか?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

素晴らしい日本製がどんどん売れなくなるね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

中国はコストが安くて大量生産できるからどうしてもそっちに流れるんだろうね