5月5日はこどもの日。家に兜を飾ったり、鯉のぼりをベランダに飾ったりするのは日本の風物詩とも言えますよね。鯉のぼりを見かけると「あぁ…もうそんな時期か…」と季節の訪れを知らせてくれる良き文化です。

そんな鯉のぼりですが、なぜ5月5日に飾るのか?どういう意味があって飾っているのか?その理由を知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?

庶民の妬み嫉みから始まった?

koi-329076_640

諸説ありますが、始まりは徳川家で男の子が生まれると幟(のぼり)や旗などを掲げる風習がありました。
これが武家にも広がったのですが、庶民に広がった時は鯉が描かれた旗を掲げたのです。

本当の理由

では、なぜ庶民は鯉を掲げたのか?それは…

中国の黄河に竜門と呼ばれる激流があり、それを登り切る魚は「生命力の強い鯉以外に考えられない」とされていました。そしてある時その激流を登り切った1匹の鯉が竜に進化し、天に登って行った。

という言い伝えがあったそうです。そこから強く、たくましい子供に育って欲しいという願いを込めて鯉を掲げていたそうです。

もう一つの理由

もちろん先ほど述べた理由が正しいのですが、当時の庶民たちは身分が高い人から伝わってきた風習に皮肉を交えて、庶民ながらも少し裕福な家庭が最初に鯉のぼりを掲げていました。

その皮肉というのが「身分の差に屈さないぞ。負けてられるか」という理由で中国の言い伝えにあやかっていた。という説もあるのです…。

そんな鯉のぼりの風習を今でも守り続けている日本は本当に良い文化が多いなと感じます。今年のこどもの日はそんな裏話を思いながら空を飛ぶ鯉を眺めてみてはいかがでしょうか?