海外の名無しさんを翻訳しました

第二次世界大戦中に広島と長崎の原爆投下をする5日前に米軍が日本国民に警告した。彼らは市民を逃がすために何百万人のためのビラとラジオ放送をばらまいた
312d571c3e0cc22f041c2e7be7113f48

America Warned Hiroshima and Nagasaki Citizens

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

それが嘘か本当かどうかはわからないけど、爆弾が落とされる前にそれを見たり聞いた日本人は本当だと信じていなかっただろ
だってそんな狂気なものが本当に有るわけ無いと思っただろうからね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

なんか今日の北朝鮮みたいな感じだよね
それを鵜呑みにしないことで誰にも危害は加えられないだろうってね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑北朝鮮と日本は違うだろ
北朝鮮はもう先の長くないバスだけど、日本とアメリカの戦争は長期化したものだったし

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

最初の原爆を落としても絶対に降伏はしなかったし
そして3日後に落としてもまだ6日間は降伏しなかったんだよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑軍の上層部が天皇に降伏することを押しとどめていたんだろ
降伏することを決して漏らしてはいけなかっただろうし

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本語のネイティブに酔って書かれたものでも当時の日本人は信じようとはしなかったんだよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

この爆弾でお前たちを蹴散らすぞ 見たいなことが書いてあったのかな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

脅しも戦略のうちの一つじゃないかな
おれだって爆弾が落とされると知ったらのんびりひなたぼっこなんてしてられない

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

投稿主のチラシって広島の後に投下されたものだろ?
そのチラシに書かれているのはここに書いてある幾つかの日本都市を爆撃しますってことだけだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

投稿主は間違ってるね

「広島に原爆を落とすことは米軍幹部が原爆の爆発の確実性を確かめるもので、日本国民への心理的なショックを最大化したいってことだった
普通の爆撃に対しては特殊リーフレットで警告するようにした。はるかに強大で破壊的な原子爆弾を落とすことは広島には伝えられてないよ

via:https://goo.gl/BLazww