海外の名無しさんを翻訳しました

もし、封建時代の日本やカースト制度の激しいインドなんかで
武士や戦士の家計に生まれた子どもが武士や戦士になりたくなったらどうなってしまうの?

それとなりたくないわけでなくてもそういう家計に生まれて
ひ弱で戦士としてはだめな子どもが生まれてしまったらどうなってしまうの?

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

明確に日本に対しての答えを出すことが出来ないけど
武士道を提示した斯波義将はこんな事を言っているよ

”自分の名声のためだけに考えたり行動をすることなく、一族の名誉も考え行動するべき”
これは当時の考え方としてこの質問の答えの参考になるんじゃないかな

当時の侍が自分が出来ることだけをするんじゃなくて一族のことも考え行動しなくてはいけなかったことがわかるし
それはつまり自分のしたい生き方だけで生きることは当時は叶わなかったといえるよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本の武士道なんかで一族の名誉を大事にする文化なんかを見ると少しぐらい今の自分も見習わなければと反省することがあるよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

侍ってよく外国人が勘違いしてるのは侍というのはただの戦士としてのブランドとかではなくて
当時の特権階級の象徴だから何も侍=強靭な戦士って訳でもないんだよね

当時の政府や地方の領主に使えている人だとか、今で言う政治家みたいな人とかもいたわけだから
戦国時代の戦争している侍のイメージが強すぎるんだよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

どの時代の話をしているかどうか分からないけど侍は必ずしも強靭な戦士である必要も無かっただろうし
日本では特権階級だった時代の方が長いからそれを嫌がる人はそんなに多くなかったんじゃないかな?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

僕がヒンドゥー関係の文化を勉強した時はヒンドゥーの考え方で
カーストというのは生まれた時にそのカーストとしての役割を果たす責任が伴うと聞いたことがあるよ

やっぱり生きていくうえでその責任から逃れられることはないんじゃないかな

via:https://goo.gl/5vgs1n