海外の名無しさんを翻訳しました

イギリス拠点の日本人コメディアン、コタニ・ユリコが英語の”-ish(-っぽい)”の言語美と、この接尾辞を日本語会話で使う際の難しさを説明した。

以下、外国人の反応まとめ

海外の反応

海外の名無しさんを翻訳しました

彼女は本当に素晴らしいよ
日本のお笑い芸人とは完全真逆

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

そうだよ
イギリス拠点にしてる日本人コメディアンの彼女と、日本拠点にしてるアメリカ人コメディアンの厚切りジェイソンと比べてみてよ
場所は違えどその国のユーモアセンスを尊敬して取り入れてる

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

こういうコメディアンたちはもっとみんなに注目されるべきだよ
かなり難しいことだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

イギリスとアメリカのコメディアンはかなり違うよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

違うけど、多くのアメリカ人はイギリスのユーモアわかるし、逆もまた然り

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

俺の経験則では、イギリスのユーモアをわかるアメリカ人の方が多いと思うよ逆のパターンより

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

アメリカのコメディアンは結構多くのイギリスのコメディアンに影響を受けてるよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

まあ自虐ネタはアメリカで結構うけるよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

イギリスは自国の文化/社会/国をネタにして笑われても大丈夫
これはアメリカではあまり通じないよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本のお笑いは、もっと体張っててペースが早いよ
そして小物使ったり演技したりするんだ
人が痛がるの見て笑ったりするのは、俺は好きじゃない

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ステージでお笑い披露するとか母国語でもできないよ..ましてや第二外国語でなんて論外

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

だよな
これがアメリカ人が日本のお笑いやってるビデオ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑うわ…これは
かなりユニークだね
厚切りジェイソンって日本ではいいコメディアンだと思われてるの?これって面白いの?

via:https://goo.gl/gqLu9w