海外の名無しさんを翻訳しました

リオ五輪、日本の錦織圭が準決勝で敗退した。3位決定戦では銅メダルをかけて戦う

リオデジャネイロ五輪第9日(13日=日本時間14日、五輪テニスセンター)男子単準決勝で第4シードの錦織圭(26)=日清食品=は2連覇を狙う第2シードのアンディ・マリー(29)=英国=の前に1-6、4-6で敗れ決勝進出を逃した。この種目での日本勢としては1920年アントワープ大会銀メダルの熊谷一弥以来96年ぶりとなる銅メダルをかけ、14日(日本時間15日)の3位決定戦に出場する。

 マリーの壁は高かった。最後はバックハンドでネットにかけ、錦織は準決勝で敗退。日本勢96年ぶりのメダルは持ち越しとなった。

 「ミスが多すぎた。相手の安定したテニスに太刀打ちできなかった」

 錦織がマリーに勝ったのは2014年ツアーファイナルの1勝のみ。マリーは堅い守備が持ち味で、四大大会3勝を誇る。3月の国別対抗戦、デビス杯では敵地で対戦し、5セットの死闘の末に敗れた。ここ最近は3連敗で通算1勝6敗。そんな天敵の前に屈し、決勝進出を逃した。

 第1セットは2度のブレークを許し、1-6で失った。錦織が「ずっと重圧を感じながらプレーしていた」。12日の準々決勝でモンフィスと2時間53分の死闘を演じたこともあって、体力的にも苦しい戦いだった。

 1920年アントワープ大会の男子単複で、五輪日本選手団初のメダルとなる銀メダルを取って以来、テニスの日本勢のメダルは1世紀近くない。五輪3度目出場の錦織。表彰台への意識はあったが、それよりもライバルに打ち勝ちたい気持ちが強かった。

 試合には敗れたが、メダルの可能性が消えたわけではない。五輪には通常のツアーにはない3位決定戦がある。

 「きっちりとリカバリーしてあしたに備えたい。いい状態で(3位決定戦を)戦いたい」

海外の名無しさんを翻訳しました

錦織圭はよくやっていたよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

良い試合だった

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

アンディーにとっては凄く輝いていた試合だったよ、ぜひとも次も頑張って欲しい

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

アンディーのプレイはほんとうに素晴らしかった

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ケイもアンディーも本当に素晴らしいテニスプレイヤーだ!どちらともだ!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑彼らは国のために戦っていたとも言えるね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

よくやったよ、輝いていた

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

勝ったアンディーは次の試合もぜひとも頑張って欲しい!

翻訳:https://goo.gl/Fi04GH