海外の名無しさんを翻訳しました

自撮り棒は1980年代に日本で特許取得されていた!

以下、外国人の反応まとめ

翻訳:https://www.reddit.com/r/mildlyinteresting/comments/5lkqn2/original_selfie_stick_in_this_90s_book_about/?sort=old

海外の名無しさんを翻訳しました

90年代よりも遠い位置からカメラを操作できるようになったね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

無駄な「発明」だよ。
だっておバカさん達が取り入れた何の意味もないものだから

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

無駄といえばイギリスのしたことだとずっと思ってた。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

人気は出たけどそれでもやっぱり無駄な発明だよ。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

人はスマホが人気になる前から自撮りしてたんだねw

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

シャッターを押すためのエアポンプが最高に面白いww

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ディズニーランドに行くまで、自撮り棒は実在しないと思ってたよ
「自撮り棒は禁止」の看板があちこちにあったんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

もともとの自撮り棒=腕

だよな
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

「アメリカ製」じゃないならバカげててうんざりするだけのもの。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

この発明家は20年出てくるのが早すぎたよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ディズニーでは完全に禁止されたよね
来場者がきちんとした判断ができるか信用できないからだろうね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑それよりも、乗り物に乗る時に自撮り棒を落としたり
施設の一部に傷つけたりする可能性があるからだろ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ドロップキャップは説明が書かれている段落のデザインをダメにしてるよ。
「I」になるべきところが、「O」みたいに見える。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

Netflixオリジナルの「白うさぎプロジェクト」を観たんだけど
1800年代に自撮り棒のようなものは発明されていたらしいよ
これが最初の商品化された自撮り棒なのかもね。
最初のは単に棒にカメラをくっつけただけだったらしいよ。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

90年代の人は自撮り棒が無駄なものだってわかる賢さがあったんだね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑使い勝手がよくて、広く使われているっていう事実を除いてね
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

この本は最高だよ
風邪をひいた人を助ける道具ってのもあって、
頭にトイレットペーパーのロールを着用して
顔の前にペーパーを垂らすってもの。
暇つぶしに読むには最高だよ。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

「セルフィー」という言葉が作り出される前は
「自画像」って言ってたよね。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

カメラに注水器をつけてるみたいに見える

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑それは、空気圧でピストンを動かしてシャッターボタンを押すために使うんだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ネットに自撮り棒が人気になる前に使っている女性の写真が載っていたのをみた記憶があるんだ。
みんな彼女のことをバカにしてたよ。
あっという今にどんでん返しされるんだね。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑人気が出たからと言って、バカみたいに見えなくなったっていうわけではないけどね。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

10年かそれくらい前に、デジタルカメラの液晶画面を前にしてみていたら、友達が「それいいね、自分の写真を撮るために使おうとしてるの??」と言って笑ってた。
何年かたって「セルフィー」が2013年にオックスフォード辞書に新しい言葉として加えられたんだ。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑でも、これって実際は新しいことじゃないよね。
新しい現象みたいに扱われているのがおかしくい。
MySpaceにいつもセルフィーを投稿してきたでしょ!
脂肪を隠すために高い角度から撮ったり
鏡を使ったりしてさ。
それが簡単になっただけの話でしょ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

セルフィーを絶対撮っちゃダメなのは:
・崖の上
・電車の近く
・水辺の近くか水中
・危険な野生動物と一緒