海外の名無しさんを翻訳しました

本屋に一歩入ると便意を感じるという現象に日本人は名前をつけた

青木まりこ現象(あおきまりこげんしょう)とは、書店に足を運んだ際に突如こみあげる便意に対して与えられた日本語における呼称である。この呼称は1985年にこの現象について言及した女性の名に由来する。書店で便意が引き起こされる具体的な原因については、渋谷昌三によると2014年の時点でまだはっきりとしたことはわかっていないという[1]。そもそもこのような奇妙な現象が本当に存在するかどうか懐疑的な意見もあり、一種の都市伝説として語られることもある。

以下、外国人の反応まとめ

翻訳:https://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/5u6kl4/til_that_theres_a_japanese_expression_for_the/

海外の名無しさんを翻訳しました

本が大好きだからこれよく経験してるよ
名前があるなんて嬉しいよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

紙は木の匂いがするからかな
クマみたいに人間も木々のなかで排便したいのかもな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

もし排便中に本をたくさん読むなら、それって関係してるのかな
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

これ意味わからなすぎるけど
本屋に入るだけでどうして便意感じる?
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

他の人にもおこってたんかい
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

毎回本屋に入るたびの謎が解けた。。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

入口近くにトイレがあるのも納得だ
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

子供の時おもちゃ屋さんでもこの症状を体感してた
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

興奮して嬉しい気持ちと関係あるのかも
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

名前があるとわかったところで
俺は本屋の身体障害者用駐車場に駐車してもいいんだな
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑それはないな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑トイレへのスピードパスげっとできるかもよ
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑店員さんにきいてごらんよw

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

本屋に足を踏み入れた瞬間だよね
なんなんだろう
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑古い紙の匂いだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

悩み解決

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

くそ
名前あったなんてしらなかったよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

俺だけじゃないのか。。。!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑ほんとくそだよね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

俺の悩んでた症状に名前があるなんて嬉しい