海外の名無しさんを翻訳しました

うさぎ島として知られる大久野島には何千という野生のうさぎが生息しているが、1960年代には5匹しかいなかった。その島には捕食動物はいなくうさぎの人口は増える一方だ。人間はうさぎに餌を与えるのでうさぎは人を恐れていず、うさぎの集団は人にハグアタックをしてくる。

以下、外国人の反応まとめ

翻訳:https://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/5vrvbg/til_okunoshima_japan_aka_rabbit_island_has/

海外の名無しさんを翻訳しました

そのウサギ島に橋を架けなくては

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ウサギアレルギーの人にとっては、これは悪夢だろうね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

トリブル(アメリカのSFドラマ)に出てくる、ふわふわしたしっぽと歯がある架空の生き物みたいだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ウサギってどこでも糞をするからな。。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

じゃあウサギの様にヤリまくるって言葉は妥当性があるんだなww

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

俺のダックスフンドがあのウサギ人口多過をなんとかできるよww

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

一匹のトラをあの島に放ったらどうなるんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

何匹かのボブキャットを紹介する時が来たね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

誰か狼を一匹放つべきだww

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本よ、あそこに持続可能なプロテイン資源があるぞ
クジラやイルカ漁からウサギに変えるんだ!w
ウサギ肉はずっと脂肪も少ないし

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑そして日本は、「西洋みたいに動物を牧畜するなんて出来ない」という
しかし日本にはウサギ、猫、そして狐に捧げるだけの島(土地)があるんだ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

こういうタイプのドキュメンタリーは大好きだ
とんでもない主張をする人を現地に送り込んで、そして専門家である3人の生物学者がその現象について簡単に説明する
これはELI5 tvっていう番組かな?

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑これはドキュメンタリーっていうより『あやしい伝説』っていうテレビ番組に近いね
けど違うのはおかしなインターネット映像であるっていう点さ
彼らは流行りのネタのインターネット映像を撮って、それは真実かどうか説明するんだ
そしてなんでそうなって、何がそうさせないとか説明するんだよ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑じゃあ奴らに、レベッカ・ブラックの「フライデー」の現象を説明するように言わないとな

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

すごくかわいいけど、ウサギ臭そう。。

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑臭いって、ウサギの餌の事?それとも糞の事?
持ち上げて鼻を近づけるとどのウサギも特徴的なにおいがするよ
とにかくウサギの尿は、すごいアンモニア臭がして臭いけどね

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

捕食者がいないって事は、もっとホームレスがこの島には必要って事だなww

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

この島に行ってみたい!

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

おそろしいウサギ達だ

 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

オーストラリアのウサギの恐ろしい病気感染を紹介したオンラインビデオがあるよ
そこでウサギは狩りの獲物であると紹介され、それから節度のないウサギの飼育が紹介される
飼育員たちが恐ろしい病気にウサギを感染させてウサギの数を制御しているのは確かだ
そんな病気によってウサギはおかしくなって、頭に角みたいのが生えるんだ