前回このシリーズでは【リュック編】としてオススメのリュックを紹介しましたが、今回は【メッセンジャーバッグ編】です。

前回の記事:あなたのこだわりを活かせる小物を紹介!【リュック編】

近年の自転車ブームでクロスバイクやロードバイクに乗る人が凄く多くなったなと感じますが、その時に悩むのがバッグ選びだと思います。

リュックがいいのか?メッセンジャーバッグの方がいいのか?これに関しては人それぞれで、どちらにも利点がありますよね。

なので今回は私が一押しのメッセンジャーバッグの紹介です!

ManhattanPortage(マンハッタンポーテージ)

tit-manhattan_portage

 

まずは皆さんご存知マンハッタンポーテージです。私は王道中の王道だと思っているのですが、その理由としてはやはり若い人がよく使っているのを見かけるからでしょうか?

特徴はなんといってもデザインの豊富さだと思います。形・配色・コラボ商品など本当に多くの種類から選ぶことができるので、迷ってしまうのですが、その中から自分に合ったバッグを見つけると不思議と自分の子供のように大切に使えると思います。

全体的にとてもカジュアルな感じで使えるので、ロードバイクなどに乗らない人でもとても使いやすくて服装にも合わせやすいと思います!

beruf baggage(ベルーフバッゲージ)

ot

 

次は「あ、なんか見たことある!」と思うようなバッグです。

こちらの特徴はやはりカラフルな色使いと様々なデザインで非常にポップな印象です。しかし機能面もしっかりとしていて、物によって違いますが、防水性のある生地を使用するなど私達の様々なニーズに合ったバッグがここにはあります。

もちろん自転車用にも最適ですが、こちらもカジュアルな服装などにもピッタリなので次のバッグ選びに悩んでいる女の子などにもオススメです!

リュックではなく、あえて派手なメッセンジャーバッグを使って周りの視線を集めよう!

MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)

missionworkshop-1

こちらはロード・クロスを乗る人向きのメッセンジャーバッグです。

私はお店で背負ったことしか無いのですが、印象として「本当に使う人の事を考えて作られているな」と感じました。分かる人には分かるから説明は不要と言わんばかりの雰囲気があり、とにかくカッコイイです。

決して安いとはいえないお値段ですが、これさえあればこの先何年でも共に自転車に乗れそうなメッセンジャーバッグです。

シンプルなデザインの中にも自分らしさを出せるアクセサリーなども豊富なので、他とは違った「こだわり」を大切にする人には本当にオススメします!

Uni&co.(ユニアンドコー)

brand-concept-top-img

 

最後はこちら。あまり聞いたことがないブランドだと思いますが、私が本気で狙っているメッセンジャーバッグです…。渋々紹介します…。

2009年に東京浅草で始まったブランドですが、画像から分かるように全ての商品が日本の職人が一から手作りで制作されています。

生地は一枚物の天然皮革を使用しているので、使えば使うほど自分の形や色になっていくと思います。

何事にも本物を求める人はこの地点でもう気になりすぎて、欲しくなっていませんか?さらに詳しいことはリンク先に製作過程やこだわりが載っているのでぜひご覧ください!