ゲテモノ料理。と言えばどんなものを想像するだろうか…?Wikipediaによると

食の分野で、一般的に食べることを躊躇するような食材。犬・猫の肉や爬虫類、両棲類など。奇食、悪食(あくじき)、下手食(げてぐ)い、いかもの食いなどとも言う。

とあるが、有名なのは虫などの料理ですよね。イナゴの佃煮やカエルなどかなり食べるのにはルックス的にもイメージ的にも抵抗があります。

しかし今アメリカで「コオロギ」が流行していると言うんです…。一体何故流行しているのか?そして何故食べれるのか…?という点を追求しようと思います。

なぜ流行したの?!

Exo-cricket-bar-founder-It-s-been-a-constant-game-of-not-running-out-of-product_strict_xxl

via:foodnavigator

アメリカで注目されている理由は、「興味本位で食べたい」とかではなくしっかりとした理由がありました。それはダイエットです。多くの栄養補助食品やプロテインバーなどにコオロギが含まれている商品が続々と発売されているんだとか!

実は食べられる昆虫の多くは、高タンパク・ビタミン・食物繊維・ミネラルが豊富で、栄養価が物凄く高いことがわかってきているんです!しかも摂取した栄養の40%を体質量に変換できるので、ダイエットや筋トレをしている人には最適すぎるというわけです!

ae7df807d41f682f4779ff886fc15db6_527

via:sputniknews

ちょっとグロテスクな見た目なんですが、アメリカ・マンハッタンで販売されるやいなやこれが大流行!遠方からもこのハンバーガーを求めて訪れる人もいるんだとか!

英語ですが、紹介している動画がありました。こうして見るとやっぱりコオロギはコオロギなんだな…と思ってしまいます…(笑)

健康食品なら普通に食べれそう?!

W4B0977_thumb

via:WIRED

コオロギの魅力が一番発揮されるのは健康食品として加工された時なんだそう。せっかく運動しているのに甘いお菓子とか食べちゃいけないですよね。そんな時に食べるのがコオロギの健康食品!

先程も紹介しましたが、コオロギは豊かな食用タンパク質なので牛肉や豚肉に比べて、環境に優しいタンパクでもあるんだそうです!

20150206_a-thumb-568x257-7799

特にこの「exo」というエナジーバーはコオロギ25匹分の栄養素が入っていて、1個辺り200kcal・タンパク質は8gとまさに日本で言うプロテインバーのようなものです。

昆虫を食べていると思えば少し抵抗がありますが、それを考慮した上でも健康志向の人にはとても魅力的な栄養食品なんだとか(笑)最近ダイエットや筋トレを始めたという方も、この流行にあやかって昆虫の素晴らしさを見つめなおしてみましょう!