アメリカにいる海外からの留学生のうち、中国人留学生は断トツのトップで32万人以上いると言われていますが、そのアメリカの大学で中国人学生に大学構内では英語を話すようにと警告した教授が人種差別だと、中国人留学生たちから非難を浴び役職を辞任させられたとのニュースが入って来ました。
講義中ではなく、学生ラウンジでおしゃべりしていた中国人同士の母国語での会話について、教授がメールでクレームをつけたようですが、多分、あの独特の大声で会話をしていて騒がしく思ったこともクレームの理由だったのではないでしょうか。日本人留学生にもいえますが、せっかく留学したのであれば同じ国の人同士で固まらず、拙い英語であっても喋ってこそ色々な国の人とコミュニケーションを取ることでき、英会話の勉強になると思うのですが。でなければ海外留学のそもそもの意味がないのではないでしょうか。みなさんは、どう思われますか?
このニュースに海外の人たちから賛否両論の意見が寄せられていましたのでご紹介します。

米大学教授、中国人学生に英語話すよう警告 批判受け役職辞任
米デューク大学の教授が中国人学生らに対し、学内では母国語ではなく英語を話すよう強く求める内容の通知を行ったとして物議を醸している。英語を話そうとしない学生の研究機会の制限も示唆したため大学やソーシャルメディア上で大きな批判が巻き起こり、この教授は自身の専攻する修士課程プログラムのトップを退くことになった。
デューク大学医科大学院で生物統計学を教えるメーガン・二ーリー教授は25日、自らが統括するプログラムを受講する1~2年目の学生らに対して電子メールを送付し、学内においては「いついかなる時も英語を使うよう心掛ける」ことを強く求める考えを示した。
二ーリー教授は、大学の教員2人から、中国人学生が学生ラウンジなどで中国語を話している現状について不満を告げられたと説明。教員らは中国人学生らが英語力向上の機会をみすみす逃していることに失望していると述べたほか、自分たちしか理解できない言語で会話するのは学内の他の人たちに対し失礼にあたるとも指摘したという。
さらにインターンシップの面接や研究プロジェクトの参加者募集の際、こうした中国人学生の行動を審査基準に含める可能性も示唆した。二ーリー教授はメールの中で、母国語以外の言語を学ぶ大変さに理解を示しつつ、大学内で中国語を話すことにより「思わぬ不利益を被りかねないという点をどうか念頭においてほしい」と訴えた。
二ーリー教授は昨年2月にも同様の電子メールを学生らに送り、英語の上達という観点から、休憩室などで英語を話さない外国人学生に苦言を呈していた。
同医科大学院のメアリー・クロットマン学長は当該プログラムの学生らに書簡を送り、二ーリー教授の電子メールについて謝罪。学生同士が会話する言語に関して制限は一切なく、教室外で話される言語がキャリアの機会に影響を及ぼすことは決してないと明言した。
デューク大学の外国人学生でつくる団体は声明で、二ーリー教授の電子メール並びにメール内で言及されている大学職員2人の行動を非難した。職員2人の名前は明らかにされていない。(CNN)
https://www.cnn.co.jp/usa/35131915.html?ref=fb&fbclid=IwAR0bBH7NiV7Bbkt2B7PCli-zXlevYOOBQU4X9374u0yoBcFSOe2l9e9boJk

以下、外国人の反応まとめ

翻訳:https://www.facebook.com/pg/cnn/posts/

海外の名無しさんを翻訳しました

誰も気にしないわ。
アメリカには公用語はなく、
350以上の言語と方言が毎秒話されてるわ・・・
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

アメリカ人が他の国にいるときだって、
ほとんど英語を話すんだから
中国語を話すことについて学生に批判するべきではないね。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

私の大学では、さまざまな言語で、あらゆる会話を耳にしたわ。
私たちカナダは自由な国だから。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

留学生が学生ラウンジの小グループにいて
お互い母国語で話すことがなんでダメなの?
もし日本の学校に行ったり、同じ状況で似たような場所に行った場合、
母国から来た同級生と英語で話すのって楽しくない?
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

私は中国人で、フィリピン人の友人がたくさんいるの。
彼らはいつもお互いの言語で話し合ってるけど、
私がグループの中にいて会話をするときは
どちらもが知っている言語の英語を話すわよ。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

それが教師や教授と呼ぶ理由で
彼女らは助言を与えるための”権利”を持っているだろ!!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

他人が自分の国で別の言語で話すと、人々はそれを不快に感じるのよ。
変だと思う理由が誰もわからないの?
私はロシア人で、いつも友達と私が”人前”にいるとき
英語で話すことを確認してるわよ・・・
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

教授は彼らがそれを改善することができるように
英語をもっと使うことを奨励していたように思うけどね・・・
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

人前で”プライベート”の会話を簡単にすることは
全く問題ないけどな!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

私には同席している時は標準中国語を話し、
会議中は英語を話す同僚がいるの。
英語が第一言語である環境で仕事をしたり学校に通ったりする場合は
できるだけ第一言語を話すべき!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑彼らがプライベートタイムに話す言語を奪うと脅迫しているの?
やれやれ・・・
あなたはその記事を読んだの?
そこには別の議題があるだろ。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

特定の言語で教わるクラスにいるならば、
その言語で話すことは尊敬され、ほとんどの場合、必須だ・・・
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

これらの学生がアメリカでインターンをするつもりなら、
彼らは言語を学ぶ必要があるよ!
ごく少数のアメリカ人が北京語を話せても
大多数は話せないだろう。
インターンの仕事をするのであれば、
アメリカ人とコミュニケーションをとることができないとね。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

その教授が人種差別主義者であるとは思わないね。
よく考えてみてよ!
大声で理解できない言語を話す学生を見たとき、
あなた達は本当にどのように感じる?
彼らは他人が中国語を理解するかどうかなんて全く気にしないんだ。
結局、彼らは他の人を彼ら自身で疎外してるんだ・・・
もし仕事の仲間を探している雇用者だったら
彼らの中の一人を選ぶかい?
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

白人は誰もが彼らに適応するべきだと考えてる・・・
少し自分自身を教育し、新しい言語を学ぶのはどう?
それとも白い特権は物事を学ぶのを禁止してるの?
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

この偉大な国へ来る外国からの留学生は
英語を学ぶ必要がある!!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑それなら、その「偉大な国」はすでに
「自由」であると主張して失敗していない?
あなたは英語を話すのにどんな自由が必要なの?
人種差別主義者の偏見が現れてるわね・・・
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

学部は彼らにプロフェッショナルな環境で
英語の訓練をするように頼んだと言ってる。
それは全く合理的だと思うんだ。
今回の一番の理由は中国人留学生がたくさんいて、
あまりにも騒々しくて、他の人の邪魔をしてたかもしれないし、
無礼だったからじゃないかって思ってるんだが・・・
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

教授が黒人やアジア人であれば、
この問題はそれほど深刻なものになったかな・・・
教員が白人だから、人々はとても怒っているんじゃないのか?
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

否定的な結論に飛ばないで。
誰かが何かを言うのには理由があると思うんだ。
俺は語学教師だが、学生に母国語での会話を制限することは
コミュニケーションスキルと快適さを身に付けることができる
お薦めの方法だと考えてるけどね!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

他の場所で起こった時は
“彼らの国,彼らのルール”と言うのに
アメリカで起こると、みんなが人種差別主義者・・・
おもしろいわね。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

問題は言語じゃないんだ。
問題は彼らが”非常に大きな声”で話すことで、
その意味では本当に失礼なんだよ!
ある文化では、共通の領域や他の共有空間を尊重するって感覚がないために
人前で大声で話す傾向があることを俺は見て来てるから・・・
これは誤って認識されているが、苦情なんだよ!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

キャンパスは学習コミュニティだ。
学ぶこと以外に理由はない。
英語を話すキャンパスにいる留学生の一部が
英語の学習を必要とするならば、
教授は彼らが教室の外でも英語を話すよう促すだろう。
これらの学生は文化的、言語的に独立した空間を望んでいるように見える。
彼らが中国の裕福な共産党の党員の出身であったとしても全く驚かないね・・・