[日立製作所製造のイギリスの高速列車「あずま」運行開始]
日本の技術で作られた高速鉄道車両が、イギリスを縦断する路線で15日から営業運転を始めました。
「あずま」の名称は、英国からみて日本が「極東」に位置することや英国の東海岸を走ることから命名されたとのことで、当面はロンドンから北部・リーズまでの約320キロを走り、将来は、スコットランド北部のインバネスまでの、非電化区間を含む約930キロを運行する予定だそうです。
車体製造を手がけた笠戸事業所(山口県下松市)の川畑淳一事業所長は「日本は鉄道発祥の地である英国から技術を学んできた。我々が車両を納めるのは英国への恩返しであり、日英の懸け橋になってほしい」と話しています。英国では日本の鉄道技術が高く評価されているので、たくさんの日本製の列車が導入されることは嬉しいことであり、誇らしいですね。
余談ですが、英国のほとんどの列車の顔の部分が黄色いのは、蒸気機関車が廃止され気動車やディーゼル機関車が導入された時に、蒸気機関車より静かなことから保線員と列車の接触事故が多発したので、予防策として接近する列車の視認性を向上させようと、顔を黄色い警戒色に塗ったことが現代にも受け継がれているためだそうですよ。
英国の「あずま」のニュースに海外から多数のコメントが寄せられていましたので、ご紹介します。

以下、外国人の反応まとめ

翻訳:https://www.facebook.com/nhkworld

海外の名無しさんを翻訳しました

いい選択をしたな、イギリス!
日本の電車が大好きだ!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

残念ながら、俺たちのレールは古くなってるから
列車は時速201kmだけどレールが交換されれば
この獣はほぼ倍増しておよそ360になるだろう!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

これは素晴らしいニュースね! 👏
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本は私たちの電車と鉄道を改善するために
フィリピンも助けてくれたよ・・・アリガトウ!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本のイノベーションとエンジニアリングは最高!
大好きだ!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本人はとても腕が良くって、勤勉よね!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

まともな電車を手に入れたね!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

去年ロンドンとバースの間でこれに乗ったよ。
駅員や車掌が駅の間でさえ仮眠をしたほど快適でした!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

かっこいいね!
米国は列車で遅れをとっているのが残念だよ・・・
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本の電車は、遅延なしで安全で正確よ!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

見栄えの良い車両だ!
パディントンで、彼らは現在も日立の列車を使用してるよ。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本の技術がリーズに来てる!!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本の電車は最高!!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ウルトラマンのように見える(笑)
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本の技術を使うのはとても賢い!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

↑しかし歴史上最初の鉄道の国が
なぜもはや同じようなものを生産することができないのかって
自問しなければならないだろうね・・・
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

これはとても良いニュースね!
英国の列車サービスは控えめに言っても貧弱。
運賃上がってサービスが下がるんだから・・・
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

それ、日本製だと思ったわ😍
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

今イギリスの鉄道で必要なのは日本の時間管理だけね😁