ソフトバンクモバイルは、2015年7月1日から「Wi-Fi(無料)PASSPORT」というサービスを開始することを発表しました。ビジネスやレジャーで日本を訪れた外国人のために無料Wi-Fiサービスを提供するというものです。

index_pic_01

しかもこれがかなり高性能で、電話番号を使ってユーザーの検証を行なえたり専用のアプリをダウンロードすること無くストレスフリーで使用できるとのこと。

対応言語は中国語・韓国語・英語で、日本中にアクセスポイントは40万ヶ所もあるそうなので旅行で訪れそうな場所はカバーできていそうですね!

index_pic_02

使い方は専用の番号に電話してパスワードを聞き、設定するだけ。旅行先でWi-Fiが繋がらないというのは現代ではかなり致命的。これで日本にたくさんの旅行者が来てくれるんでは無いでしょうか?

via:SoftBank

海外の反応

なるほど。観光客でもない人が無料Wi-Fiを利用するのを防ぐために、この方法を使っているのか!

 

 

たしかに賢い方法だね。画像の説明からすると、ログインに使用するユーザ名が、呼び出した人の電話番号ってことだから国コードを判別できる。これで簡単に日本国内の番号へのアクセスをブロックすることができるようになるという事だね!

 

 

 

この会社は中国でも同じことをやろうとしてるみたいだけど本当?

 

 

え?これって既に多くの国で使われてる無料Wi-Fiサービスのシステムじゃないのか?私は中国、タイ、インド、台湾でも見たことがあるよ。なんで今さら?

 

 

とてもありがたいことだけど、東京では各駅にWi-Fiスポットがあるんだろう?僕はそれでいいかな。

 

 

この人はいつも変わったことをするね。敏腕経営者だって言われてるんだろ?

 

 

私にとってはとてもありがたいわ。日本で旅行すると言っても都会だけじゃないわ。日本の多くの自然が魅力的だわ。そういったところでもWi-Fiが使えるようになるなら私は大歓迎よ!