【市教委へ批判の遺書残し、自殺未遂3回の少年転落死】
埼玉県川口市立中に在籍し、いじめ被害を訴えていた小松田辰乃輔さん(15)が、8日未明に市内のマンションから転落して亡くなったとのニュースがありました。小松田さんは過去に自殺未遂を3回繰り返していたそうですが、学校や市教委がもっと誠意ある対応をしていれば、彼が亡くなることはなかったように思います。
小松田さんのノートには「教育委員会は、大ウソつき。いじめた人を守って嘘ばかりつかせる。いじめられたぼくがなぜこんなにもくるしまなきゃいけない。ぼくは、なんのためにいきているのか分からなくなった。ぼくをいじめた人は守ってて、いじめられたぼくは、誰にも守ってくれない。くるしい、くるしい、くるしい、つらい、つらい、くるしい、つらい、ぼくの味方は家ぞくだけ」とあり、別のページには、「今度こそさようなら」と書き残されていたそうです。ここまで追い詰められていた少年の気持ちを考えると胸が痛みます。
いじめで亡くなってしまう子供たちのニュースが後を絶たない中、いつになれば学校や教育委員会は自己保身や体裁を取り繕うことなく、被害者であるいじめられている子供たち側に立って問題を解決することができるのでしょうか。ましてや、3回も自殺未遂を起こしSOSを発していた少年に対して対処できたことはたくさんあったように思えるのですが。皆さんはいじめに対する教育委員会や学校の対応をどう考えますか。
この悲しいニュースに海外の方や、日本に住む外国人の方々からも多数のコメントが寄せられていましたので一部をご紹介します。

以下、外国人の反応まとめ

翻訳:https://www.facebook.com/thejapantimes?fref=nf

海外の名無しさんを翻訳しました

日本の教育システムへようこそ。
彼らは謝罪であなた達をサポートするけど
あなた達を守ることはないんだよ。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

 ↑アメリカの学校システムもそれほど違いはないよ。
  俺は中学校で自殺願望と自傷行為に至るまでいじめられたんだ。
  世界中の学校は完全に無能で、いじめられた子供たちは捨てられ
  いじめっ子自体が守られているんだ!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

 ↑アメリカにいたけど私もいじめられたわ。
  それはあまりにも多くの国で起こるし悲しいことよね。
  みんなでもっとより良くやろうとすべきよ!!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本だけじゃなくて残念ながら世界中で起こってる…
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

世界の一部の地域だと学校の中の銃撃で終わるよ。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

これはとても悲しいわ。
学校だけじゃないと思う…
いじめっ子たちは成長して職場で部下をいじめ続けるわね。
いじめは学校だけじゃなくて職場にもあるのよ。
だから多くの日本人が精神的な問題を抱えてるのよ!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

毎日そこにいて、心底気を遣っている教師たちは
全く力を持っていないのよ。
学校や地元の教育委員会のトップの人たちは
通常会ったことのない子供たちについて全ての決定を下しているのよ。
担任の教師を非難するのをやめて!
彼らは仕事をうまくこなし、厳格な手続きに縛られてるの。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

 ↑悪いけど、それは真実じゃないわね。
  多くの教師がいじめを処理する方法を知らず
  問題に対処する代わりに問題を無視して
  問題が何らかの形で消えることを願ってるのよ。
  制度は確かに悪いし多くの場合、失敗してる。
  それについて何かをすることができる最初の人は
  親と担任の先生そして学校と教育委員会…
  (日本に9年間住んで、ここで子供を育て、ここで教師として働いてるの)
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

2016年に始まって2019年に自殺すべて…
この少年はおそらくこの間に多くの人々に失望させられてる。
彼らの多くはおそらく自分たちの責任について否定する。
教育委員会は、調和や東京大学に何人学生を送ることができるかだけを気にする
同じような中年男性ばかり。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

いじめはどこにでもあるわ。
恐らく人々は親になる前にトレーニングと心理テストをするべきね。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本では、いじめっ子が学校から停学処分になっていないことを
よく見かけるけど、システムがどの程度歪んでいるかがわかるよ…
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

生涯契約を守ることだけに関心のある愚かな老人は役に立たない!
同じ話がぐるぐる回ってるだけで、何も変わってないし!
彼らを解雇し、年老いた仲間たちではなく
積極的な人々を必要な席に連れていく!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本では良い人はいつも負けるんだ…
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

いじめっ子には厳しくする!
彼らに行動の影響を恐れさせて。
追放…シンプルに!
彼らの行動について考えるのに3日も2週間もない…
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

 ↑彼らは決して追放されないわ。
  教師は、考えうる問題が何であれ、彼らの行動を守るのよ。
  たいてい、それは「でも彼らには厳格な家庭生活がある」と。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

これはどこにでもあるよね。
学校がそれについて何もしないことが本当に残念…
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

多くの国がそうだと確信してるけど
日本はとても露骨。
米国では、報復などなく意見を表明することを奨励してるし
親は、子供を肉体的および精神的な危害から守るために、あらゆる犠牲を払ってる。
親は子供の利益のために犠牲を払ってるわ。
ここ日本のようなモンスターペアレンツではないけど
子供がいじめられている場合は耳を傾け、行動を起こすの。
教師も子供の福祉を守るために行動を起こすしね。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

とても悲しい.
誰かがいじめられている時は大抵、誰かがそれを見てるんだよな…
彼らはそれについて何かするべきなんだ。
他の学生であれ大人であれ、それを見たら止める!
みんなの責任だ!
家族に心から哀悼の意を表すよ…
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

日本ではこの問題が何年も続いているけど
日本政府と教育委員会は解決策を見つけていないね。
もう十分だよ。
適切な教育プログラムをいじめっ子や傍観者やいじめられてる子
そして教師にを教えるべきだし
同時にいじめっ子と学校に厳しい罰を適用するべきだと思うね。
いじめっ子、傍観者、いじめられっ子、教師に
また、メンタルヘルスの問題も教えられるべきだが
彼らはむしろそれを無視することを選択するんだよ…
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

17歳以下だといじめと呼ばれていることに驚かされるけど
18歳になると、嫌がらせや暴行と呼ぶ…