引っ越しをする際に大事にしていることは人それぞれ違うと思います。特に住む場所と言うのは毎日の生活の質を左右するのでしっかりと考えなければいけません。

このシリーズでは日本の各主要都市を比較し、地域の平均家賃から住み心地までそれぞれのメリット・デメリットを調査していきたいと思います!今回は極端に北海道沖縄を調査!

市民の力みなぎる、文化と誇りあふれる街「札幌」

Tram_in_Sapporo

 

なんといっても北海道は寒いですよね。ただ不思議なことに、移住したとしても寒いのは最初だけでだんだん慣れてくると言います。

広い北海道の中でも今回は札幌にスポットを当ててメリット・デメリットなどを紹介したいと思います!

メリット1:食べ物が美味しい

これはとても大事ですね。海鮮系のイメージがありますが肉や野菜も抜群に鮮度が良く、とても美味しいです。少し高級な北海道の牛乳は格別で他の牛乳と比べ物にならないと言われるほどです。

食事は毎日取るものなので、移住することを考えると大切なポイントになるのでしっかりと考えたい所です。

メリット2:自然の脅威をあまり感じない

当然ですが、気温の低さや豪雪を考えると脅威でしか無いです。しかし比較的に札幌などでは台風や地震が少なく、自然災害に関しては安全な街として有名です。

少し違う意味では花粉があまり飛んでいないので花粉症の方にとっては大きな魅力ですね。また、梅雨の時期には湿気が少ないのでカビが発生しにくいというメリットもあるのです!

デメリット1:とにかく冬は寒い

先ほども言いましたが、寒いです。慣れるとは言いますがおそらく寒いのは寒いので冬は本当に大変だと思います。

その上、雪が降るので地域によっては雪かきが日課になります。交通網がマヒすることもしばしば…?

デメリット2:イメージと少し違う

どうしても北海道に住んでいない人からすると、自然が多くて豊かなイメージがあります。

しかしそれは北海道でも地方の類に分類される場所で、札幌などの都市部からは少し距離があるのでイメージと少し違うかもしれません。

また、札幌に住んだとしても都会といえば都会ですが田舎といえば田舎だなという印象を受ける人が多く、どっちつかずの結論になってしまいがちです。

国際文化観光都市「沖縄」

名護市のシーサー

 対照的ですが、なんといっても暑い!ただただ暑い!そんなイメージですね。

ただ沖縄の暑さは気持ちいい暑さだといいます。湿度が低いのでカラッとした暑さで良く言えば気持ちよく汗を書くことが出来るので。そんな沖縄のメリット・デメリットなどを紹介したいと思います!

メリット1:時間がゆったりとしている

現地では「ウチナータイム」と呼ばれるこのゆったりとした時間。待ち合わせに30分や1時間遅れても責められることは無く、「なんくるないさ~」と言って許してもらえます(笑)

住んでいない私達からすればとても変わった文化ですが、のんびりまったり人生を歩みたいと考えている人にはピッタリの良い文化なのではないでしょうか?

メリット2:自然が多い

沖縄と言えば海!綺麗な海がそこでは待っています。もちろん夏には観光客で溢れかえると思うのですが、住んでいるなら毎日いつでも自分の好きな時に海で遊べちゃうなんてロマンチックですね!

言ってしまえば沖縄全土が自然で溢れかえっているので、都会の雑踏に疲れたと感じる方にはオススメかもしれません。

デメリット1:金銭面で困りやすい

沖縄は仕事が少なく、所得水準が全国最下位であることが有名です。

さらに他府県と隣接していないため、物資は輸送のみ。つまり物価が少し高くなります。北海道でもそうでしたが、その地域で取れるものは安いのですが、日常生活には少し困るかもしれません。

また隣接していないことで、簡単に外に出れないことも意外とデメリットかもしれません。近年LCCなどが増加しているので比較的楽になりましたが、まだまだ遠い感触が残ります。

デメリット2:文化に慣れない

現地の人々は口を揃えてこう言います。「まあ三年住んでみて、そこからじゃない?」

こう言われるのも無理はありません。移住者は沖縄に良い南国のイメージを持っているので、沖縄独特の文化や風習に慣れることが出来ず、住んで3年もしないうちに地元に帰ってしまう人が多発しています。

「沖縄は住むのではなく旅行くらいがちょうどいい」

なんて言われて現地の人はどんな気持ちでしょうか?当然腹が立ちますよね。こうならない為にも移住にはしっかりと下調べをして計画性を持って行いましょう。

 

今回は北海道と沖縄を比較しましたが、日本にはもっと知らないけど素晴らしい場所があるので住むことを前提とした調査を進めたいと思います!次回もお楽しみに!