今、米国では新型コロナウイルス感染拡大の抑制に向けて各州で封鎖措置が取られ、スパーや薬局など生活や医療に関する僅かな店舗だけが、営業を認められていますが、そんな中で銃器業界は営業を継続できるよう州・連邦当局に対してロビー活動を展開し、銃器店を必要不可欠な事業に指定するよう圧力をかけているそうです。
全米ライフル協会などが訴訟を起こして、強制閉鎖が米国憲法の修正第2条の武器保有権利に違反していると訴えているとのこと。
各州で対応は違うようですが、テキサス州では、第2修正条項によって保護されている銃器店を必要不可欠な事業であると見なし、ニュージャージー州は、限られた時間内の予約販売のみに事業を制限しています。
ペンシルベニア州の居住者も、社会的距離のガイドラインを順守している限り、銃器を購入し続けることができます。
銃器業界はここ最近、需要が急増し、全米で銃器店の前に長蛇の列ができ、銃購入に必要な身元審査の件数は前年に比べ300%も急増したようです。
銃社会の米国ならではのニュースですが、未知のウイルスへの恐怖で何か疑心暗鬼になっているのか、日本のマスクやトイレットペーパーの買いだめ感覚で皆が並んで迄も銃を買いに走るのか、全く理解はできません。
合衆国憲法制定に追加された「規律ある民兵は自由な国家の安全保障にとって必要であるから、国民が武器を保持する権利は侵してはならない」との条項を基に訴訟を起こすNRA などの考え方も疑問に思います。ロックダウンの状況の中でも銃器店の営業を続けることが果たして本当に必要不可欠なことなのでしょうか。
このニュースに自国の米国でも賛否両論の声が上がり、海外の方達からも様々なコメントが寄せられていましたので一部をご紹介します。

以下、外国人の反応まとめ

翻訳:https://www.facebook.com/wsj/,https://www.facebook.com/bbcnews/

海外の名無しさんを翻訳しました

米国政府は狂ってるよ。
何が重要なのかわかってる?
医療用品や困ってる人への食べ物だろ。
世界で間違っていることが全部、米国では免除されてるよ。
米国政府が武器や軍事費に費やす金額の半分の金額を
公的医療に投入したなら、彼らも今のような戯言はなかっただろう。
裕福な人だけが好む健康と病院の営利システムはデタラメなだけ…
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

多分、他の供給が不足している時は
銃が必要なんだろうww
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

デトロイトは警官の5分の1以上がダウンしてるから。
銃が欲しいと思ってもいいんじゃないの。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

まさにネイティブアメリカンから土地を盗んだ時に書いた場所で
これらの法律を取得した人達だ!
今の社会にとってなんの価値もない。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

銃を持つことを、まるでゲームのようなものだと思ってるのか?
頼むから買わないでくれ!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

銃が必須であると分類されるのは米国だけ…
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

悲しいね。
この国では、人々はCovid-19以上に
銃で亡くなってるんだ。
銃規制について何もできず
ウイルスに対しても何もできない…
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

これは米国の多くの人々を代表するものじゃない。
米国の銃文化にぞっとする私たちのような人も多くいるから。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

そうそう。
米国のホームレスはラスベガスの駐車場で寝なければならないけど
銃の店は欠かせないのよね。
優先順位を正しく決めたら!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

なんでだ?
俺は銃なしで33年間生きてきた…
でも食べ物と医療なしでは生きていけないよ。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

そうであるべき!
警察は人々を逮捕する違反を縮小しているんだ。
犯罪者がより大胆になってる…
俺たちは武装し、身を守る手段を持つ必要がある!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

銃は不可欠だね!
警察が人々を守るために仕事をしなかったら
個々で自分の命と健康を守る責任がある!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

銃器店が不可欠であると考えるなら
私たちはなんと哀れな国なんでしょう。
全米ライフル協会(NRA)は強力で大金を持つ圧力団体。
それが皆が知るべき全てね。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

銃を購入するのは権利?
それが必要なの?
パンデミックの時に銃を買うことは
善よりも恐怖と害を引き起こすんじゃないのか?
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

米国人は本当に悲しくて妄想的な考えを持ってるね。
オーストラリアにいる俺たちは正しく家にいれば
誰かが突然ロックオンして俺達を撃つなんて心配なんかないよ。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

誰もが銃を持っていなければ
自分を守るために銃なんか必要じゃない!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

アメリカ人には全く共感できないね。
彼らは恐怖の中で生きてる…
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

自己防衛は自己治療と同じくらい重要なのかもしれない…
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

ウィルスに対して銃を持ってどうするの?
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

世界の他の先進国は、銃の所有権が無くてもうまくやってる。
実際、殺人率は米国に比べるとごくわずかだし。
家族を養うために鹿を狩猟するためのライフル?なら分かるけど。
人を傷つけたり殺したりするのが唯一の目的の銃?
それはダメだろ!
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

全ての国民の医療を管理することさえできない国で
これは驚きではないよ…
彼らが地球上で最も偉大な国であると考える理由は
俺たち残りの部分にとってはまだ謎だ。
 

 

海外の名無しさんを翻訳しました

まさに銃は誤った安心感を提供する。
米国人が銃をほとんどの国よりもはるかに多く購入する理由は
誰もが銃を持っていることから
それが妄想に拍車をかけてるためかもね。